Office関連

スライドショー(ウィンドウ表示)実行中にペン機能を使うためのPowerPointマクロ

Microsoft Communityに「スライドショー(ウィンドウ表示)実行中にペン機能を使いたい」という質問がありました。

・「出席者として参照する(ウィンドウ表示)」のスライドショーでペンツールを使用する方法
http://answers.microsoft.com/thread/a3afd66e-9e00-487c-aa9d-2834317d4fe1

たしかにスライドショーの設定で、種類を「出席者として参照する (ウィンドウ表示)(B)」にしていると、右クリックメニューに矢印や蛍光ペンといったポインター オプションは表示されません。

Ctrl + PやCtrl + Aといったショートカットキー(ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを行う 参照)でポインターを切り替えようとしても、ウィンドウ表示の場合は上手く行きません。

・・・というわけで、マクロでの処理を考えてみました。

※ 下記コードはPowerPoint 2010以降のバージョンが対象となります。2007以下では動作しません。

・リボンXML

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<customUI onLoad="Ribbon_onLoad" xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
  <contextMenus>
    <contextMenu idMso="ContextMenuShowBrowse">
      <gallery idMso="InkColorPicker" label="インクの色(&amp;C)" />
    </contextMenu>
  </contextMenus>
</customUI>

・VBAコード

Option Explicit

Public Sub Ribbon_onLoad(ribbon As IRibbonUI)
  AddPointerOption
End Sub

Private Sub AddPointerOption()
'スライド ショー ツールバーに「ポインター オプション」追加
  Const CtrlCaption As String = "ポインター オプション(&O)"
  
  DelControl Application.CommandBars("Slide Show Browse"), CtrlCaption
  With Application.CommandBars("Slide Show Browse").Controls.Add(Type:=msoControlPopup, Temporary:=True)
    .BeginGroup = True
    .Caption = CtrlCaption
    If Val(Application.Version) >= 15 Then
      .Controls.Add Id:=22718 'レーザー ポインター(&L)
    End If
    .Controls.Add Id:=2906 '矢印(&A)
    .Controls.Add Id:=9252 'ペン(&P)
    .Controls.Add Id:=9253 '蛍光ペン(&H)
    .Controls.Add(Id:=7884).BeginGroup = True '消しゴム(&R)
    .Controls.Add Id:=2901 'スライド上のインクをすべて消去(&E)
    '.Controls.Add Id:=31300 '矢印のオプション(&O)
    With .Controls.Add(Type:=msoControlPopup, Temporary:=True)
      .BeginGroup = True
      .Caption = "矢印のオプション(&O)"
      With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Temporary:=True)
        .Caption = "自動(&U)"
        .OnAction = "SetPointerOption"
        .Parameter = ppSlideShowPointerAutoArrow
      End With
      With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Temporary:=True)
        .Caption = "表示(&V)"
        .OnAction = "SetPointerOption"
        .Parameter = ppSlideShowPointerArrow
      End With
      With .Controls.Add(Type:=msoControlButton, Temporary:=True)
        .Caption = "常に表示しない(&H)"
        .OnAction = "SetPointerOption"
        .Parameter = ppSlideShowPointerAlwaysHidden
      End With
    End With
  End With
End Sub

Public Sub SetPointerOption(Optional ByVal dummy As Long = 0)
  On Error Resume Next
  Application.SlideShowWindows(1).View.PointerType = _
  Application.CommandBars.ActionControl.Parameter
End Sub

Private Sub DelControl(ByRef TargetCommandBar As Office.CommandBar, _
                       ByVal TargetControlCaption As String)
'指定したコマンドバーからコントロールを削除
  Dim ctrl As Office.CommandBarControl
  
  For Each ctrl In TargetCommandBar.Controls
    If ctrl.Caption = TargetControlCaption Then
      ctrl.Delete
    End If
  Next
End Sub

上記コードは、ウィンドウ表示スライドショー実行中の右クリックメニュー、もしくは画面右下の「メニュー」に自力で「ポインター オプション」を追加するものです。

AddPointerOption_01

AddPointerOption_02

インクの色」を追加するために、わざわざリボンのカスタマイズまで行っていますが、とりあえずはこれで目的を達成できるようになりました。

実際に上記マクロを使う場合はアドイン化した方が良いかと思います。
自分でリボンをカスタマイズしてコードを貼り付けて・・・、という作業が面倒な方は下記リンクからアドインファイルをダウンロードしてお使いください。

アドインのダウンロードはコチラから

EvernoteのノートをXML形式で保存するVBAマクロ前のページ

OneNote + Google Apps Scriptで定期的にWebサイトのキャプチャーを撮る方法次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(2)

    前回の記事ではOffice 365とAzure ADの紐づけを行いまし…

  2. Office関連

    変更履歴をオンにしたままで文字列の置換を行うWordマクロ

    MSDNフォーラムに、“変更履歴をオンにした状態で文字列を置換するマク…

  3. Office関連

    Office 2013 カスタマープレビュー版の「Spy Utility」

    たまたま見つけたWebページ「Office2013のデバッグ用ツールが…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]Apps for Office サミット!で登壇しました。

    21日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「Apps fo…

  5. Office関連

    スライド内容を自動的に機械翻訳するPowerPointマクロ

    前回の記事で紹介した各スライドに配置されたオートシェイプからテキストを…

  6. Office関連

    ソースコードを番号行付きのテーブルに変換するWordマクロ

    Word文書内のソースコードを、他の文書と区別して目立たせたいときに役…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP