Office Scripts

マクロの記録後に記録した操作をOffice スクリプトとしても保存できるようになりました。

先日、Excelでマクロの記録操作を行ったところ、記録を終了した際に作業ウィンドウに下図の画面が表示されることに気が付きました(検証環境:Microsoft Excel for Microsoft 365 MSO (バージョン 2403 ビルド 16.0.17330.20000) 64 ビット)。

マクロは Office スクリプトとしても使用できます。スクリプトを保存して保存してください。

セル範囲(C2:C4)に1~3の数字を入力する操作を記録したのですが、この画面で「保存」ボタンをクリックしたところ、Office スクリプトのコード エディターが表示され、同じ操作がOffice スクリプトとして保存されていました。

記録されたマクロのコード
Sub Macro2()
'
' Macro2 Macro
'

'
    Range("C2").Select
    ActiveCell.FormulaR1C1 = "1"
    Range("C3").Select
    ActiveCell.FormulaR1C1 = "2"
    Range("C4").Select
    ActiveCell.FormulaR1C1 = "3"
    Range("C5").Select
End Sub
保存されたOffice スクリプトのコード
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
	let selectedSheet = workbook.getActiveWorksheet();
	// Set range C2:C4 on selectedSheet
	selectedSheet.getRange("C2:C4").setValues([["1"],["2"],["3"]]);
}

どうやら知らない間にマクロの記録後に記録した操作をOffice スクリプトとしても保存できるようになっていたようです。

以前から行った操作をOffice スクリプトとして記録する機能(「自動化」タブの「操作を記録」ボタン)はあったので、機能として目新しいものではないのですが、マクロの記録後にOffice スクリプトの保存画面が表示されるのは中々面白い動きだと思います。

VBAマクロの代わりにOffice スクリプトを推進していこうという動きなのか!?など、色々と考えてしまいますね。

もちろん、下記Microsoft Learn資料にある通り、設計がそもそも異なるのでOffice スクリプトはVBAを完全に置き換えられるものではないと私は認識しているのですが、MicrosoftがVBScriptを段階的に廃止するとの発表もありましたし、このあたりの動きも含めて今後も注目していきたいところです。

[リボン・カスタマイズ]組み込みのグループに独自のコントロールを追加できるのか?前のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]テーブルを追加する方法

    今回は、Office Scriptsのスクリプトでテーブルを作成する方…

  2. Office関連

    選択中の表の行数を取得するWordマクロ

    「Word VBA 表 行数」といったキーワード検索でのアクセスがあり…

  3. Office関連

    JPEG画像の回転情報を変更するVBAマクロ

    mougに「マクロでJPEG画像のExif(Orientation)を…

  4. Office関連

    シート見出しの右クリックメニューから「コードの表示」を消す方法

    いつもお世話になっている「インストラクターのネタ帳」の管理人である伊藤…

  5. Office関連

    [Office]スケッチ機能で図形の線を手書き風に!

    ※ 下記情報はInsider版のOfficeを元にしています。バージョ…

  6. Office関連

    「入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術」レビュー

    久しぶりにVBA参考書籍のレビューです。今回は沢内晴彦氏が執筆され…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP