クラシックスタイルメニュー for Office

自作フリーソフト「クラシックスタイルメニュー for Office 2016」に関するページです。

ClassicStyleMenuForOffice_02

■ 概要

✓ Office 2007-2016にOffice 2003のようなメニューやツールバーを追加するツールです。
✓ フリーソフトですので商用・非商用問わず無料でご利用いただけます。
✓ インストール不要です。
✓ VBAマクロは使用していません。
✓ 64ビット版Officeにも対応しています。
✓ Word、Excel、PowerPointに対応しています。
✓ Access用には「クラシックスタイルメニュー for Access 2010」があります。
✓ 仕様上「Classic Menu」タブをカスタマイズすることはできません。

2015/11/18 追記:
窓の杜さんに当ソフトを紹介していただきました。
ありがとうございます!

・【レビュー】「Office」のリボンを「Office 2003」風のメニューバーにできるツール
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20151111_729827.html

■ ダウンロード

クラシックスタイルメニュー for Office 2016
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se483273.html

2015/4/9 追記:
Vectorからのダウンロードがセキュリティソフトによってブロックされるという情報をいただきました。
こちらのリンクから直接ダウンロードすることができますので、Vectorからファイルのダウンロードができない方は左記リンクからのダウンロードをお試しください。

■ Q&A

・「Classic Menu」タブが表示されなくなった。
  – 下記記事にある対処法をご参照ください。

・エンドユーザ自身でカスタマイズをしたい時に対応できるようにしてほしい。
  – 残念ながらOfficeアプリケーションの仕様上「Classic Menu」タブをカスタマイズすることはできませんので、頻繁に使用するコマンドはクイックアクセスツールバーでご対応いただければと思います。

・リボン形式が非常に目障りです。完全に消してメニュー形式のみ表示できないでしょうか?
  – 既存のリボンの各項目(タブ含む)の表示・非表示を切り替えるようにするにはどうしてもプログラムが必要になってしまいます。表示・非表示を切り替えるのではなく、ずっと非表示のままの「既存タブ非表示版」の追加を検討してみます。

・Excel 2010のフィルター機能はオンに出来ますが、もう一度クリックしてもオフに出来ません。
  – Ver.1.06で仕様を変更し、対応しました。

・「マクロは使っていない」とのことですが、特にセキュリティについてが気になります。Officeのセキュリティセンターでマクロが無効になっていても使用できるのでしょうか?
  – はい。セキュリティセンターのマクロの設定で「警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする」がチェックされていても当ツールを利用することができます。

・64ビット環境での動作実証と対応をお願いします。
  – Windows 7 x64 + Office 2010 x64, Windows 8 x64 + Office 2013 x64 環境にて動作確認済みです。

・上付き、下付きなど、標準ではクラシックメニューに無い機能を追加してほしい。
  – Ver.1.05で追加しました。

・図形描画ツールを追加してほしい。
  – Ver.1.03で追加しました。

・Access 2007用のメニューを作成してほしい。
  – 申し訳ありませんが、今のところ開発予定はありません。

・Outlook用のメニューを作成してほしい。
  – 申し訳ありませんが、今のところOutlook用メニューの作成予定はありません。
   (Outlookの場合他のアプリケーションに比べて対応しなくてはいけないコマンドバー(メニューバー)が多いことと、COMアドインというのが主たる原因です。)

・インストールプログラム形式にしてほしい。
  – 当ツールは可能な限りユーザー環境を汚さないような形を取っていますので、当面セットアップ形式にする予定はありません。

・チェックボックスでクラシックスタイルメニューのON/OFFが簡単にできるようにしてほしい。
  – クラシックスタイルメニュー自体は今後もマクロを追加したりVSTO化したりする予定はありませんので、ON/OFF機能を付けることはできません。

・英語版のメニューがほしい。
  – 残念ながら当ツールは日本語版のみの提供となっております。大変申し訳ないのですが、今のところ英語版のメニューを開発する予定はありません。

・メニューの中に「改ページの解除」機能を追加してほしい。
  – Ver.1.07で追加しました。

・標準ツールの「ズーム」で表示倍率を指定できるようにしてほしい。
  – Ver.1.07で追加しました。

■ 更新履歴

2015/10/22 Ver.1.08 公開
・名前を「クラシックスタイルメニュー for Office 2013」から「クラシックスタイルメニュー for Office 2016」に変更しました。
・Office 2016にも対応しました。

2014/03/25 Ver.1.07 公開
・Excel版のファイルメニューに「改ページ」を追加しました。
・Excel版とPowerPoint版の標準ツールに「ズーム」を追加しました。

2012/12/27 Ver.1.06 公開
・名前を「クラシックスタイルメニュー for Office 2010」から「クラシックスタイルメニュー for Office 2013」に変更しました。
・Excel版の「フィルター」ボタンの仕様を変更しました。

2012/05/12 Ver.1.05 公開
・「元に戻す」「やり直し」ボタン等の仕様を変更しました。
・標準ツールに「上付き」「下付き」ボタンを追加しました(Word,PowerPointのみ)。

2012/01/22 Ver.1.04 公開
・塗りつぶしの色ボタン等の仕様を変更しました。

2011/07/01 Ver.1.03 公開
・「図形描画・図ツール」を追加しました。

2011/05/29 Ver.1.02 公開
・「クイックアクセスツールバー用」版を追加しました。

2010/10/10 Ver.1.01 公開
・WordとExcel版のメニューに「オブジェクトの選択」を追加しました。
・「右端のタブに表示用」版を追加しました。

2010/05/24 Ver.1.00 公開
・Office 2007にも対応しました。

2010/04/19 Ver.0.02 公開
・設定後リボンカスタマイズを行うと、メニューが使用できなくなる不具合に対応しました。

2010/04/08 Ver.0.01 公開

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP