Power Automate for desktop

[Power Automate for desktop]データ テーブルのアクションが追加されて列の追加や削除等が簡単にできるようになりました。

Power Automate for desktop(PAD) バージョン 2.45 で追加されたアクションによって、データ テーブルに対して列の追加や重複行の削除、マージやフィルタリングといった操作が簡単にできるようになりました。
せっかくなので今回は追加されたアクションを試してみたいと思います。

準備

まずは操作するデータ テーブルを準備します。
今回は「変数の設定」アクションを使ってデータ テーブルを作成します。

・DataTable

%{ ^['FullName', 'Gender'], ['Grazia Codeman', 'Female'], ['Constantina Brierton', 'Female'], ['Jeanelle Dulin', 'Female'], ['Willamina Segge', 'Female'], ['Lauryn Bygrove', 'Female'], ['Jonis Fedynski', 'Female'], ['Vaclav Akrigg', 'Male'], ['Hanako Tanaka', 'Female'], ['Fayre Watkinson', 'Female'], ['Ulysses Tappin', 'Male'] }%

追加されたアクション

列をデータ テーブルに挿入する

データ テーブルの末尾、もしくは指定されたインデックス値の前に列を挿入するアクションです。

データ テーブルから列を削除する

列インデックス、もしくは列名を指定して列を削除するアクションです。
「行を削除」となっていますが、これは「列」の間違いですね。いずれ修正されると思います。

2024/7/10 追記:
バージョン 2.46 で表記が修正されていました。

データ テーブルから空の行を削除する

データ テーブルの行の中から、すべてのセルが空である行を削除するアクションです。

データ テーブルから重複行を削除する

データ テーブルから重複する行を削除するアクションです。

データ テーブルを消去

テーブル ヘッダーを残して、データ テーブルのすべての行を削除するアクションです。

データ テーブルを並べ替える

インデックスや列名で指定した列を昇順、もしくは降順に並べ替えるアクションです。

フィルター データ テーブル

指定したルールに基づいてデータ テーブルの行をフィルター処理するアクションです。

データ テーブルをマージする

2つのデータ テーブルをマージするアクションです。

・DataTable

%{ ^['ID', 'FullName', 'Gender'], ['s001', 'Grazia Codeman', 'Female'], ['s002', 'Constantina Brierton', 'Female'], ['s003', 'Jeanelle Dulin', 'Female'], ['s004', 'Willamina Segge', 'Female'], ['s005', 'Lauryn Bygrove', 'Female'], ['s006', 'Jonis Fedynski', 'Female'], ['s007', 'Vaclav Akrigg', 'Male'], ['s008', 'Hanako Tanaka', 'Female'], ['s009', 'Fayre Watkinson', 'Female'], ['s010', 'Ulysses Tappin', 'Male'] }%

・DataTable2

%{ ^['ID', 'FullName', 'Gender'], ['s011', 'Taro Test', 'Male'], ['s012', 'Ichiro Test', 'Male'], ['s013', 'Misuzu Test', 'Female'], ['s014', 'Kumiko Test', 'Female'] }%

データ テーブルを結合する

指定されたルールに基づいて2つのデータ テーブルを結合するアクションです。
データベースでいうところのINNER JOIN、LEFT JOIN、FULL JOINをイメージすると動作内容を掴みやすいかと思います。

・DataTable

%{ ^['ID', 'FullName', 'Gender'], ['s001', 'Grazia Codeman', 'Female'], ['s002', 'Constantina Brierton', 'Female'], ['s003', 'Jeanelle Dulin', 'Female'], ['s004', 'Willamina Segge', 'Female'], ['s005', 'Lauryn Bygrove', 'Female'], ['s006', 'Jonis Fedynski', 'Female'], ['s007', 'Vaclav Akrigg', 'Male'], ['s008', 'Hanako Tanaka', 'Female'], ['s009', 'Fayre Watkinson', 'Female'], ['s010', 'Ulysses Tappin', 'Male'] }%

・DataTable2

%{ ^['ID', 'BloodType'], ['s001', 'A'], ['s002', 'AB'], ['s003', 'O'], ['s004', 'B'], ['s005', 'B'], ['s006', 'O'], ['s007', 'AB'], ['s008', 'A'], ['s009', 'B'], ['s010', 'A'], ['s011', 'O'] }%

CSV テキスト変数から読み取る

CSVテキストからデータ テーブルを生成するアクションです。

・CSV

ID, FullName, Gender
s001, Grazia Codeman, Female
s002, Constantina Brierton, Female
s003, Jeanelle Dulin, Female
s004, Willamina Segge, Female
s005, Lauryn Bygrove, Female
s006, Jonis Fedynski, Female
s007, Vaclav Akrigg, Male
s008, Hanako Tanaka, Female
s009, Fayre Watkinson, Female
s010, Ulysses Tappin, Male

データ テーブルをテキストに変換する

データ テーブルをCSVテキストに変換するアクションです。


これまでは下記記事のようにデータ テーブルの操作に「.NET スクリプト実行」アクションを活用することが多かったのですが、標準のアクションとして追加されたことでその必要がなくなりました。

さらに便利になったデータ テーブル、これからもどんどん活用していきましょう!

なお、本記事で取り上げているアップデート内容につきましては、Insider環境で確認を行っています。
一般公開時には異なる仕様となっている可能性がある点についてはご注意ください。

[Power Automate for desktop]Copilotでフローの説明文を生成できるようになりました。前のページ

関連記事

  1. Power Automate for desktop

    [Power Automate for desktop]カスタム アクションの入力パラメーターでファ…

    久しぶりのブログ更新です。今回はタイトルの通りPower Auto…

  2. Power Automate for desktop

    [Power Automate for desktop]URL経由でデスクトップフローを実行する

    2022年6月のアップデートによって、URL経由でPower Auto…

  3. Power Automate for desktop

    Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)…

    前回の記事でも触れていますが、Windows 11ではPower Au…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP