Office アドイン

[Office Scripts]押さえておきたい基本的なポイント

Office Scriptsでコードを書くにあたり、ハマりそうなポイントがいくつかあるので、今回はそれをご紹介します。

main関数が必要

Office Scriptsでは、下記のような「main」関数が必要です。

function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Your code here
}

この関数名を変更してしまうと、エラーが発生してしまうのでご注意ください。

Maximum call stack size exceeded

従来の非同期スクリプト

古いスクリプトでは、下記のようにmain関数が非同期APIモデルで実装されている場合があります。

async function main(context: Excel.RequestContext) {
  let rng = context.workbook.getActiveCell();
  rng.load("values"); //valuesプロパティを読み込み
  await context.sync(); //同期実行
  console.log(rng.values[0][0]);
}

現在のAPIモデルではloadやsyncといった処理が不要になっていますので、このようなコードは、下記サイトを参考に、新しいモデルに変換した方が良いでしょう。

上で紹介したOffice Scriptsの基本的なポイントは、下記サイトで詳細に説明されています。
コードを書く前に是非ご参照ください。

関連記事

2020年4月の人気記事前のページ

[Office Scripts]シートの取得方法まとめ次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    [Office Scripts]シート上のすべての図形に対して処理を行う方法

    Office Scriptsでは、下記コードの通り(Worksheet…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]Office ストアが新しくなりました。

    Office 用アプリやSharePoint 用アプリを配信しているO…

  3. Office アドイン

    Office アドイン開発をはじめよう!(2016年10月版)

    私がずっと追いかけている「Office アドイン(旧名:Office …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP