Google関連

[Google Apps Script]メールからMessage-IDヘッダーを取得する

はけた(@excelspeedup)氏のツイートで、GASでメールのMessage-IDヘッダーが取得できるのか?といった内容のものがありました。

たしかメールヘッダーも取得するメソッドが用意されていたはずなので、さっそく試してみました。

//メールからMessage-IDヘッダーを取得
function getMessageIdHeader() {
  var msg = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
  var content = msg.getRawContent();
  var matches = content.match(/^Message-ID:.*$/gim);
  if (matches !== null) {
    for (var i = 0; i < matches.length; i++) {
      Logger.log(matches[i]);
    }
  }
}

コードは非常にシンプルで、GmailMessage.getRawContentメソッドでメールのソースを文字列として取得し、matchメソッドで「Message-ID」を抜き出しているだけです。
(一つのメールにMessage-IDヘッダーが複数あることは無いので、ループさせる必要はありませんが、確認のためにループで回しています。)

また逆に、「rfc822msgid:」検索演算子を使うことで、Message-IDヘッダーからメールを検索することもできるので、そのためのスクリプトもついでに書いてみました。

function sample() {
  var msg = getMessageFromMessageID("Message-IDヘッダー");
  if (typeof msg !== "undefined") {
    Logger.log(msg.getSubject());
  }
}

//Message-IDヘッダーを指定してメッセージ取得
function getMessageFromMessageID(msgId) {
  var q = "rfc822msgid:" + msgId;
  var threads = GmailApp.search(q);
  if (threads.length > 0) {
    var messages = GmailApp.getMessagesForThread(threads[0]);
    if (messages.length > 0) {
      return messages[0];
    }
  }
}

中々使用する機会は無いと思いますが、ご参考まで。

2019/5/21 追記:
2019/5/20付で追加されたGmailMessage.getHeaderメソッドを使うことで、ヘッダー名を指定するだけで値を取得できるようになりました。

関連記事

  1. Office関連

    Google翻訳の言語自動検出機能を追う

    「Google TTSで文字列を読み上げるマクロ」でGoogle翻訳の…

  2. Google関連

    Google Apps ScriptでVoiceText Web APIを呼び出す。

    ・モヤさまのショウ君にいろいろ喋らせるVBAマクロ(1)//www…

  3. 情シス

    [Google Apps Script]メールをemlとして保存する

    今回の記事は「情シスSlack Advent Calendar 201…

  4. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ

    「「Gmail API」β版公開、連動アプリ開発を支援」にもあるように…

  5. Office関連

    Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ

    ※ 2016/2 時点では下記の方法はもう使用できなくなっています。V…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP