Google関連

[Google Apps Script]ヘッダー名を指定してRFC 2822ヘッダーの値を取得する

以前当ブログで、GASでメールのMessage-IDヘッダーを取得するスクリプト(下記記事参照)を紹介しましたが、Apps Scriptのアップデートによって、より簡単にメールヘッダーの値を取得できるようになりました。

GmailMessage.getHeaderメソッドの追加

5月20日付で追加されたGmailMessage.getHeaderメソッドを使うことで、ヘッダー名を指定するだけで値を取得することができます。

//ヘッダー名を指定してRFC 2822ヘッダーの値を取得
function myFunction() {
  var msg = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
  Logger.log(msg.getHeader("Message-ID"));
}

上記はMessage-IDヘッダーの値を取得するコードですが、以前書いたコード(下記)に比べて大分スッキリしました。

//メールからMessage-IDヘッダーを取得
function getMessageIdHeader() {
  var msg = GmailApp.getInboxThreads(0, 1)[0].getMessages()[0];
  var content = msg.getRawContent();
  var matches = content.match(/^Message-ID:.*$/gim);
  if (matches !== null) {
    for (var i = 0; i < matches.length; i++) {
      Logger.log(matches[i]);
    }
  }
}

今後、Message-IDやMIME-Versionなど、何かしらの値が必要な場合には、是非getHeaderメソッドをお使いください。

Google Apps Script 活用ミートアップ #4に参加しました – #GAS活前のページ

Windows 10 May 2019 UpdateをISO形式でダウンロードして実機にインストールしてみました。次のページ

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]サイドバーを表示する

    Google Apps Scriptでサイドバーを表示します。…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]郵便番号から住所を取得する自作関数と住所から地図画像のURL…

    郵便番号検索APIを使って郵便番号から住所を取得する自作関数と、Sta…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]OAuth認証(2.0)が必要なWeb APIを利用する。

    前回の記事ではGoogle Apps Scriptを使ってWebアプリ…

  4. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]認証が必要なウェブアプリケーションを外部から実行する

    Google Apps Scriptでは、作成したコードをウェブアプリ…

  6. Google関連

    [Google Apps Script]Google アナリティクスのデータを取得する。

    拡張サービスの「Google Analytics API」を使って、G…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP