Windows 10

Windows 10 May 2019 UpdateをISO形式でダウンロードして実機にインストールしてみました。

下記記事にもあるように、5月21日(米国時間)にWindows 10 May 2019 Update(version 1903, 19H1)が公開されたので、さっそく実機にインストールしてみました。

ISOファイルのダウンロード

メディア作成ツール(Media Creation Tool)を使ってWindows 10のインストールメディアを作成することもできますが、個人的にはISOファイルが欲しいので、下記手順でMay 2019 UpdateのISOファイルをダウンロードします(「[Windows 10]大型アップデートをサイレントインストールする方法」参照)。

  1. Internet Explorer(Microsoft Edge)で「Windows 10 のダウンロード」ページ(http://aka.ms/win10jp)を開きます。
  2. F12キーを押して、「開発者ツール」を開きます。
  3. エミュレーション」タブを開きます。
  4. ユーザー エージェント文字列」プルダウンから「Apple Safari (iPad)」を選択すると、開いているページが「Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード」に切り替わります。
  5. エディションの選択」プルダウンから「Windows 10 May 2019 Update」を選択します。
  6. 製品の言語の選択」プルダウンから希望する言語を選択し、「確認」ボタンをクリックします。
  7. 64-bit ダウンロード」「32-bit ダウンロード」ボタンをクリックして、それぞれ環境に応じたISOファイルをダウンロードします。

以上でISOファイルのダウンロード作業は終了です。

ダウンロードが終わったら、ISOファイルの中身をFAT32形式でフォーマットしたUSBメモリーにコピー(「7-Zip」を使うと簡単にISOファイルを展開できます)すれば、インストールメディアの作成は完了です。

ちなみに、今回は64ビット版のメディアを作成しましたが、May 2019 Updateでもinstall.wimの分割作業は不要でした。

Windows 10 May 2019 Update(Pro)のインストール

インストール用USBメモリーの準備ができたら、いよいよ実機にインストールしていきます。
といっても、UEFIブートして後は指示に従っていくだけなので、特に問題はありません。

※上図は別途仮想環境下でキャプチャーした画面です。

winverでバージョン確認すると、ちゃんと【バージョン 1903 (OS ビルド 18362.30)】になっていました。

作業時間

ISOファイルのダウンロードからテスト機(Core i5-4590 3.3GHz, メモリー12GB, SSD250GB)へのインストールが終わるまでに掛かった時間は、大体30分程度でした。

  1. ISOファイルのダウンロード:5分
  2. インストール用USBメモリーの作成(ISOファイルの展開):10分
  3. 実機へのインストール:10分

作業時間は環境によって大きく変わりますので、ご参考まで。

注意事項

ITmedia NEWSの記事にある通り、現時点(2019/5/22)では、May 2019 Updateの配布はまだ限定的です。

米Microsoftは5月21日(現地時間)、「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1809)を同日から提供開始したと発表した。AI採用のローリングアウト方式のため、全対象ユーザーに行き渡るには数日かかる見込みだ。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/22/news074.html より

今すぐに導入したい場合は、本記事の手順によってMay 2019 Updateをインストールすることができますが、“October 2018 Updateでのデータ消失問題”があったように、今回のアップデートでも何かしらのトラブルが無いとは言い切れませんので、作業は自己責任で行うようにしてください。

また、すでにいくつかの既知の問題が報告されているので、May 2019 Updateを導入する際は、下記Webページも事前にご確認ください。

参考Webサイト


2019/11/13 追記:
11月12日(米国時間)に公開された「Windows 10 November 2019 Update」(version 1909, 19H2)でも同様に実機にインストールしてみました。

関連記事

  1. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  2. Windows 10

    Chromium版のEdgeの小ネタ

    前回の記事で書いた通り、Chromium版のEdgeのプレビュー版が公…

  3. Windows 10

    Windows Insider Meetup in Japan 2019 東京に参加しました。

    Windows Insider向けのミートアップイベント「Window…

  4. Windows 10

    Chromium版のMicrosoft Edge Insiderを使ってみました。

    下記記事にある通り、Chromium版のMicrosoft Edgeが…

  5. Windows関連

    ダウンロードフォルダーのパスを取得するVBScript

    ダウンロードフォルダーのパスを取得する必要があったので、過去に書いた記…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP