Windows関連

[Windows 8]エクスプローラーのリボンは残しつつ従来のスタートメニューを使用する。

2012/3/2 追記:
下記情報はWindows Developer Previewを元にしたもので、Windows 8 Consumer Previewには対応していません。
Windows 8 Consumer Previewの場合、スタートメニューの代替アプリケーション「Vista Start Menu」を紹介した記事がありますので、よろしければそちらをご参照ください。

・Windows 8 Consumer PreviewにVista Start Menuをインストールしてみました。
//www.ka-net.org/blog/?p=1406

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・64ビット)に基づいて説明しています。

[Windows 8]従来のスタートメニューを使用する。」で、レジストリを変更して従来のスタートメニューに変更する方法を紹介しましたが、この方法ではエクスプローラーも従来のスタイルへと変更されてしまいます。
今回はエクスプローラーのリボンは残しつつ、従来のスタートメニューを使用する方法を紹介します。

“メトロは使いたいけれどもスタートメニューは従来のスタイルが良い”という場合は「CSMenuをWindows 8で使ってみました。」をご参照ください。

2011/09/22追記:

クラシックスタイルに変更するスクリプトを作成しました。MetroControllerと違って.NET Framework不要です。


  1. MetroController allows to disable some or even all Metro features in Windows 8」から「MetroController.zip」ファイルをダウンロードして、適当な場所に解凍します。
  2. 1.の解凍先フォルダを開き「MetroController.exe」を実行します。
  3. メニューが表示されるので「Disable only Metro features」を選択します。
  4. 再起動の確認メッセージが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックしてPCを再起動します。
  5. PCを再起動すると、エクスプローラーはリボンUIのままでスタートメニューが従来のスタイルになっていることが確認できます。

※ 初回実行時には.NET Framework 3.5が要求されるかもしれませんが、その場合は指示に従って.NET Frameworkの設定を行ってください。

元の状態に戻したいときは再度MetroControllerを実行し、「Enable only Metro features」を選択してください。

ちなみにDisable only Metro featuresではなくDisable all new featuresを選択した場合は、「[Windows 8]従来のスタートメニューを使用する。」で紹介している方法のようにエクスプローラーも従来のスタイルへと変更されます。

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8.1]VB5CCEをインストールしてみました。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  2. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    「Microsoft Edge VBA 操作」こういったキーワード検索…

  3. Windows関連

    [Windows]「AppsFolder」のような特殊フォルダ名を取得する。

    レンタルサーバーのデータベース障害で、先日書いた記事が消え去ってしまっ…

  4. Windows 10

    Microsoft Edgeでリンク先を開く

    Microsoft Edgeでリンク先を開く前々回の記事の関連…

  5. Windows関連

    特殊フォルダーのパスを取得するVBScript

    ファイルのコピーや移動を行う場合に特殊フォルダーのパスが必要になること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP