Windows関連

Windows 8を従来のスタイルに変更するスクリプト

2012/3/2 追記:
下記情報はWindows Developer Previewを元にしたもので、Windows 8 Consumer Previewには対応していません。
Windows 8 Consumer Previewの場合、スタートメニューの代替アプリケーション「Vista Start Menu」を紹介した記事がありますので、よろしければそちらをご参照ください。

・Windows 8 Consumer PreviewにVista Start Menuをインストールしてみました。
//www.ka-net.org/blog/?p=1406

※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・64ビット)に基づいて説明しています。

[Windows 8]エクスプローラーのリボンは残しつつ従来のスタートメニューを使用する。」で紹介している「MetroController」の仕組みが分かったので、自分でもスクリプトを書いてみました。
MetroControllerと違って.NET Framework不要です。

■ スクリプトの特徴

※ 当スクリプトはWindows 8をクラシックスタイル(Windows 7のような従来のスタイル)に変更するスクリプトです。
※ レジストリやシステムファイルを変更するスクリプトですので、

当スクリプトの実行は自己責任で行ってください。

※ 上記の通り当スクリプトは安全なものではありませんので、

実行する前にシステムのバックアップを取る事をお薦めします。

■ 使用方法(エクスプローラーも従来のスタイルへと変更する場合)

  1. スクリプトを実行します。
  2. User Account Control」ダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。
  3. メニュー(InputBox)が表示されるので「1」を入力後、「OK」ボタンをクリックします。
  4. 無事に処理が終わるとログオフ確認ダイアログが表示されるので、指示に従ってPCをログオフします。
  5. PCにログオンすると、下図のようにスタートメニューやエクスプローラーが従来のスタイルへと変更されていることが確認できます。
  6. 元のスタイル(メトロUI)に戻す場合は、再度上記手順を実行します。

■ 使用方法(エクスプローラーのリボンUIはそのままにする場合)

  1. スクリプトを実行します。
  2. User Account Control」ダイアログが表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。
  3. メニュー(InputBox)が表示されるので「2」を入力後、「OK」ボタンをクリックします。
  4. 無事に処理が終わると再起動確認ダイアログが表示されるので、指示に従ってPCを再起動します。
  5. 再起動後PCにログオンすると、下図のようにエクスプローラーのリボンUIはそのままで、スタートメニューが従来のスタイルへと変更されていることが確認できます。
  6. 元のスタイル(メトロUI)に戻す場合は、再度上記手順を実行します。

■ スクリプトのダウンロード

※ 上記Zipファイルをダウンロードして適当な場所に解凍してください。

関連記事

  1. Windows 10

    続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事…

  2. VBScript

    OWSPostDataオブジェクトを使って文字列をエンコードするVBS

    OWSPostDataオブジェクトのURLEncodeメソッドで文字列…

  3. Office関連

    Officeアプリケーションの「最近使用したファイル」を削除するVBScript

    WordやExcel等のOfficeアプリケーションでは、下記サイトに…

  4. Windows関連

    キーを指定してレジストリエディターを起動するバッチファイル

    OSの設定中、レジストリの特定のキーを開いた状態でエディターを起動した…

  5. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(UI Automat…

    当ブログでは、Microsoft Edgeを外部から操作するプログラム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP