Windows関連

[Windows 10]Microsoft Edgeに検索プロバイダーを追加する方法

Windows 10のEdgeでは、デフォルトの検索エンジン(検索プロバイダー)がMicrosoftのBingになっています。

これはこれで便利なのですが、他の検索プロバイダーに変更するときはどうすれば良いのか調べたところ、下記Webページがヒットしました。

・Tech TIPS:Windows 10のMicrosoft Edgeでデフォルトの検索エンジンをGoogleに変更する – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/03/news025.html

なるほど!
Edgeの詳細設定から検索プロバイダーを設定すれば良いわけですね。

そして上記記事の下部で気になる記述を発見しました。

 グーグル以外の検索エンジンも必ずEdgeに登録できるかというと、そうとは限らない(日本語対応の検索エンジンに限れば、むしろ少ないようだ)。Edgeに登録するには、検索エンジン側が少なくとも次の条件を全て満たす必要がある。

  1. 対象の検索エンジンが「OpenSearch 1.1」という仕様に準拠している
  2. 対象の検索エンジンがSSLに対応している(URLが「https:」から始まるページで検索が可能)
  3. Edgeで対象の検索エンジンを1回でも開いたことがある

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/03/news025.html より

OpenSearch準拠、ということは

“自分でXML書けば自由に検索プロバイダーを追加できる”

これは便利!!

・・・と思ったのですが、主要な検索サービスはすでに自前でOpenSearch用のXMLを持っているので、そのリンクを探して「<link rel=”search” type=”application/opensearchdescription+xml” href=”…”」した方が確実です。

というわけで、使えそうな検索プロバイダーのURLを調べてみました。

あとはこのプロバイダーを追加するためのWebページを用意すれば大丈夫なはずです。

・Microsoft Edgeに検索プロバイダーを追加する
https://www.ka-net.org/AddSearchProviders.html

ただ、Edgeの場合はhttps対応でないと利用できないようなので、上記調べたリストの内、https非対応のYahoo! JAPANやgooは検索プロバイダーとして追加することができません。
日本では利用者が多いYahoo! JAPANが利用できないのは残念な限りです。

Yahoo! JAPANも段階的にSSL化するようです。これでEdgeでも利用できますね!

関連記事

  1. Windows関連

    Microsoft Edgeを操作するVBScript

    「Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDrive…

  2. Windows関連

    【2017年3月版】Microsoft Edgeでブックマークレットを使う方法

    2015年8月にMicrosoft Edgeでブックマークレットを使う…

  3. Windows関連

    Windows 10 IMEの「クラウド候補機能」の仕組みを追ってみた。

    「ついにWindows 10 日本語IMEにクラウド候補機能が搭載され…

  4. Office関連

    Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDriver編)

    Microsoft Edge Dev Blogに「Bringing a…

  5. Windows関連

    [Windows 8]シャットダウンはどこ?

    2012/03/01 追記:Windows 8 Consumer Pr…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP