Windows関連

[Windows 10]Microsoft Edgeに検索プロバイダーを追加する方法

Windows 10のEdgeでは、デフォルトの検索エンジン(検索プロバイダー)がMicrosoftのBingになっています。

これはこれで便利なのですが、他の検索プロバイダーに変更するときはどうすれば良いのか調べたところ、下記Webページがヒットしました。

・Tech TIPS:Windows 10のMicrosoft Edgeでデフォルトの検索エンジンをGoogleに変更する – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/03/news025.html

なるほど!
Edgeの詳細設定から検索プロバイダーを設定すれば良いわけですね。

そして上記記事の下部で気になる記述を発見しました。

 グーグル以外の検索エンジンも必ずEdgeに登録できるかというと、そうとは限らない(日本語対応の検索エンジンに限れば、むしろ少ないようだ)。Edgeに登録するには、検索エンジン側が少なくとも次の条件を全て満たす必要がある。

  1. 対象の検索エンジンが「OpenSearch 1.1」という仕様に準拠している
  2. 対象の検索エンジンがSSLに対応している(URLが「https:」から始まるページで検索が可能)
  3. Edgeで対象の検索エンジンを1回でも開いたことがある

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1508/03/news025.html より

OpenSearch準拠、ということは

“自分でXML書けば自由に検索プロバイダーを追加できる”

これは便利!!

・・・と思ったのですが、主要な検索サービスはすでに自前でOpenSearch用のXMLを持っているので、そのリンクを探して「<link rel=”search” type=”application/opensearchdescription+xml” href=”…”」した方が確実です。

というわけで、使えそうな検索プロバイダーのURLを調べてみました。

あとはこのプロバイダーを追加するためのWebページを用意すれば大丈夫なはずです。

・Microsoft Edgeに検索プロバイダーを追加する
https://www.ka-net.org/AddSearchProviders.html

ただ、Edgeの場合はhttps対応でないと利用できないようなので、上記調べたリストの内、https非対応のYahoo! JAPANやgooは検索プロバイダーとして追加することができません。
日本では利用者が多いYahoo! JAPANが利用できないのは残念な限りです。

Yahoo! JAPANも段階的にSSL化するようです。これでEdgeでも利用できますね!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

おすすめ記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP