Office関連

[Office]スケッチ機能で図形の線を手書き風に!

※ 下記情報はInsider版のOfficeを元にしています。バージョンによって、タブやグループの名称、機能そのものが変更される可能性があります。

Insider版(バージョン 1907 (ビルド 11901.20018)以降)のWord、Excel、PowerPointに「スケッチ」機能が追加されました。
(下記記事によると、本機能を使用するには、Office 365のサブスクリプションライセンスが必要、とのことです。)

この機能を使うと、図形の線を“手書き風”に変更でき、編集中のファイルがドラフト状態であることを一目で伝えることができるようになります。

使い方

  1. 図形を選択します。
  2. 図形の書式」タブにある「図形の枠線」から、「スケッチ」で線種を選択します。
  3. 線の種類は「曲線」「フリーハンド」(2種)から選択できます。
  4. アイコンも、[グラフィック形式タブ → 図形に変換]すれば、スケッチ機能を適用できます。

上記スケッチ機能、2019年7月時点では、図形の書式設定ウィンドウ上では「ざらつき」と表現されていますが、まだInsider版の機能なので、今後は表記も統一されるかと思います。

使ってみると意外と便利なスケッチ機能、皆様も是非お使いください!

関連記事

  1. Office アドイン

    [Officeアドイン]組み込みのワークシート関数を呼び出す方法

    下記記事でOffice アドインから独自のユーザー関数を呼び出す方法を…

  2. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(S)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  3. Office関連

    JPEG画像の回転情報を変更するVBAマクロ

    mougに「マクロでJPEG画像のExif(Orientation)を…

  4. Office関連

    ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ

    Outlookには「ユーザー設定フォーム」(Custom Forms)…

  5. Office関連

    ブラウザで簡単にOfficeドキュメントを確認できる「Office Web ビューアー」

    @seinoro さんのツイート(下記)で知ったサービス「View O…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP