Office関連

選択している行の高さを増やすExcelマクロ

Excelの表を印刷しようとしたとき、ビミョーに文字が切れていてイラッとすることがよくあります。

そんなときは縮小して全体を表示したり行や幅を調整したりして何とかするのですが、調整しないといけないセルが複数あると、作業を何回も行わなくてはならず、それはそれでイラッとします。

そこで、イライラ解消のために簡単なマクロを書いてみました。

Public Sub IncrRowHeight()
'選択行の高さを増やす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.RowHeight = Selection.RowHeight + 5
End Sub

選択している行の高さをちょっとずつ増やすだけのマクロです。
このマクロを個人用マクロブックに書いて、クイック アクセス ツール バーにでも登録しておけば、キー一発で呼び出せるので便利です。

ついでに、行の高さをちょっとずつ減らすマクロ、幅の増減を行うマクロも載せておきます。増減する値はお好みで調整してください。

Public Sub DecrRowHeight()
'選択行の高さを減らす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.RowHeight = Selection.RowHeight - 5
End Sub

Public Sub IncrColumnWidth()
'選択列の幅を増やす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.ColumnWidth = Selection.ColumnWidth + 1
End Sub

Public Sub DecrColumnWidth()
'選択列の幅を減らす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.ColumnWidth = Selection.ColumnWidth - 1
End Sub

そんなわけで、私にしては珍しく、説明が要らないくらいシンプルなマクロを書いてみました。『ちょっとしたことの自動化』って大事ですよね!

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]第三回 Apps for Office 勉強会で登壇しました。

    10月4日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「第3回 A…

  2. Office関連

    Excel REST APIをVBAから呼び出す方法

    「Microsoft GraphをVBAから呼び出してOneNoteの…

  3. Office関連

    マクロで実行したいコマンドのIDを調べる簡単な方法

    MSDN フォーラムに下記質問がありました。・Excel-VB…

  4. Office関連

    選択範囲をOneNoteに送るVBAマクロ

    OneNote プリンタードライバー(プリンター)を使ってドキュメント…

  5. Office関連

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP