Office関連

選択している行の高さを増やすExcelマクロ

Excelの表を印刷しようとしたとき、ビミョーに文字が切れていてイラッとすることがよくあります。

そんなときは縮小して全体を表示したり行や幅を調整したりして何とかするのですが、調整しないといけないセルが複数あると、作業を何回も行わなくてはならず、それはそれでイラッとします。

そこで、イライラ解消のために簡単なマクロを書いてみました。

Public Sub IncrRowHeight()
'選択行の高さを増やす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.RowHeight = Selection.RowHeight + 5
End Sub

選択している行の高さをちょっとずつ増やすだけのマクロです。
このマクロを個人用マクロブックに書いて、クイック アクセス ツール バーにでも登録しておけば、キー一発で呼び出せるので便利です。

ついでに、行の高さをちょっとずつ減らすマクロ、幅の増減を行うマクロも載せておきます。増減する値はお好みで調整してください。

Public Sub DecrRowHeight()
'選択行の高さを減らす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.RowHeight = Selection.RowHeight - 5
End Sub

Public Sub IncrColumnWidth()
'選択列の幅を増やす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.ColumnWidth = Selection.ColumnWidth + 1
End Sub

Public Sub DecrColumnWidth()
'選択列の幅を減らす
  If LCase(TypeName(Selection)) <> "range" Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  Selection.ColumnWidth = Selection.ColumnWidth - 1
End Sub

そんなわけで、私にしては珍しく、説明が要らないくらいシンプルなマクロを書いてみました。『ちょっとしたことの自動化』って大事ですよね!

[Google Apps Script]CLIツール「clasp」を試してみました。前のページ

映画『ペンギン・ハイウェイ』感想次のページ

関連記事

  1. Office関連

    CDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロ(UTF-8対応版)

    2年ほど前にCDOを使ってGmail送信を行うVBAマクロについて記事…

  2. Office関連

    1MBのWordファイルって何文字くらい?

    ZIP圧縮されたOOXML形式のWordファイルって1MBだと何文字分…

  3. Office関連

    ページ番号を取得するWordマクロ

    Wordマクロで選択位置のページ番号を取得する場合、簡単なのはSele…

  4. Office関連

    Wordのテンプレートをインストールするスクリプト

    Wordマクロをテンプレートにして使用する場合、通常そのテンプレートフ…

  5. Office関連

    UIAutomationClient参照時にDLL読み込みエラーが発生した時の対処法

    マクロでダイアログやボタンの操作を行う時に便利なUI Automati…

  6. Office アドイン

    Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法

    当ブログでもカテゴリー:JavaScript API for Offi…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP