Google関連

[Google Apps Script]スプレッドシートをExcelファイル(xlsx)に変換する

スプレッドシートのファイルメニュー → 形式を指定してダウンロード → Microsoft Excel(.xlsx) から、スプレッドシートをExcelファイルに変換できますが、下記URLにIDを渡すことで同じ処理ができることを、今さらながらに知りました。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/(スプレッドシートのID)/export?format=xlsx

折角なので、スプレッドシートをExcelファイル(xlsx)に変換し、ドライブ上に保存する簡単なスクリプトを書いてみました。

スプレッドシートのIDの取得方法は下記サイトをご参照ください。

function myFunction() {
  var id = "(スプレッドシートのID)";
  var excel_file = ss2xlsx(id);
  if (excel_file !== undefined) {
    Logger.log("Name:" + excel_file.getName());
  }
}

//SpreadsheetをExcelファイルに変換してドライブに保存、Fileを返す
function ss2xlsx(spreadsheet_id) {
  var new_file;
  var url = "https://docs.google.com/spreadsheets/d/" + spreadsheet_id + "/export?format=xlsx";
  var options = {
    method: "get",
    headers: {"Authorization": "Bearer " + ScriptApp.getOAuthToken()},
    muteHttpExceptions: true
  };
  var res = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  if (res.getResponseCode() == 200) {
    var ss = SpreadsheetApp.openById(spreadsheet_id);
    new_file = DriveApp.createFile(res.getBlob()).setName(ss.getName() + ".xlsx");
  }
  return new_file;
}

上記コードを実行すると、問題が無ければ同名のExcelファイルがドライブ上に作成されます。

下記サイトを参考にした処理ですが、こちらは変換したファイルを直接メール送信しています。

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]UrlFetchApp.fetchからのアクセス情報

    UrlFetchApp.fetchしたときに、アクセス対象のサーバーに…

  2. Office関連

    Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ

    ※ 2016/2 時点では下記の方法はもう使用できなくなっています。V…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]Google ドライブにある画像をスライドに挿入する

    最近取り扱っているGoogle Apps ScriptによるGoogl…

  4. Google関連

    【2018年9月版】Google API ConsoleでクライアントIDとクライアントシークレット…

    GoogleのAPIを呼び出すにあたり、クライアントIDとクライアント…

  5. Office関連

    OneNote + Google Apps Scriptで定期的にWebサイトのキャプチャーを撮る方…

    「“OneNote”がアップデート、URLをメールで送るだけでスクリー…

  6. Google関連

    [Google Apps Script]スクリプト エディタで使えるショートカットキー一覧

    スクリプト エディタで使用できるショートカットキーをまとめてみました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP