Google関連

[Google Apps Script]選択中のスライドに対してのみ処理を行う

以前、Google スライドですべてのスライドに対して処理を行う方法について記事を書きました。

今回は、すべてのスライドに対してではなく“選択中のスライド”に対してのみ処理を行うスクリプトを紹介します。

function myFunction() {
  var selection = SlidesApp.getActivePresentation().getSelection();
  if (selection.getSelectionType() == SlidesApp.SelectionType.PAGE) {
    var pages = selection.getPageRange().getPages();
    pages.forEach(function(page) {
      var slide = page.asSlide();
      //各スライドに対する何らかの処理
      slide.insertShape(SlidesApp.ShapeType.STARBURST, 40, 40, 100, 100);
    });
    SlidesApp.getUi().alert("処理が終了しました。");
  }
}

上記コードを実行すると、選択したスライドにのみシェイプが挿入されます。

処理内容

  1. Presentation.getSelectionメソッドで選択中のオブジェクトを取得します。
  2. Selection.getSelectionTypeメソッドでオブジェクトの種類を判別し、SelectionType.PAGEの場合のみ処理を行います。
  3. Selection.getPageRangeメソッドによってPageRangeオブジェクトを取得し、PageRange.getPagesメソッドによってPageオブジェクトを配列として取得します。
  4. 配列をループさせて、Pageオブジェクトに対して順次処理を行います。
  5. Page.asSlideメソッドによってSlideオブジェクトを取得し、任意の処理を行います。

関連記事

  1. Google関連

    Google Docs用アドオンを作成する。

    「Google Docs用アドオンストアがオープン、表計算や文書作成に…

  2. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートのセル範囲に指定した値が含まれているかを判定…

    先日、もり(@moripro3)さんから、「スプレッドシートの二次元配…

  4. Office関連

    Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ

    ※ 2016/2 時点では下記の方法はもう使用できなくなっています。V…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP