Google関連

[Google Apps Script]選択中のスライドに対してのみ処理を行う

以前、Google スライドですべてのスライドに対して処理を行う方法について記事を書きました。

今回は、すべてのスライドに対してではなく“選択中のスライド”に対してのみ処理を行うスクリプトを紹介します。

function myFunction() {
  var selection = SlidesApp.getActivePresentation().getSelection();
  if (selection.getSelectionType() == SlidesApp.SelectionType.PAGE) {
    var pages = selection.getPageRange().getPages();
    pages.forEach(function(page) {
      var slide = page.asSlide();
      //各スライドに対する何らかの処理
      slide.insertShape(SlidesApp.ShapeType.STARBURST, 40, 40, 100, 100);
    });
    SlidesApp.getUi().alert("処理が終了しました。");
  }
}

上記コードを実行すると、選択したスライドにのみシェイプが挿入されます。

処理内容

  1. Presentation.getSelectionメソッドで選択中のオブジェクトを取得します。
  2. Selection.getSelectionTypeメソッドでオブジェクトの種類を判別し、SelectionType.PAGEの場合のみ処理を行います。
  3. Selection.getPageRangeメソッドによってPageRangeオブジェクトを取得し、PageRange.getPagesメソッドによってPageオブジェクトを配列として取得します。
  4. 配列をループさせて、Pageオブジェクトに対して順次処理を行います。
  5. Page.asSlideメソッドによってSlideオブジェクトを取得し、任意の処理を行います。

[PowerShell]MailKitを使ってサーバー上のメールを確認する方法(POP3)前のページ

[Officeアドイン]枠線(目盛線)の表示・非表示を切り替える方法次のページ

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]jQuery UIのDatepickerを使ってスプレッドシ…

    「この記事のようにjQuery UIのDatepickerを使ってスプ…

  2. Office関連

    Google翻訳の言語自動検出機能を追う

    「Google TTSで文字列を読み上げるマクロ」でGoogle翻訳の…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートで不要な空白文字を削除する

    スプレッドシートでは、「データ」メニューにある「空白文字を削除」を実行…

  4. Google関連

    Google Apps ScriptでVoiceText Web APIを呼び出す。

    ・モヤさまのショウ君にいろいろ喋らせるVBAマクロ(1)//www…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]自作関数を定義する

    Excel VBAでは、下記のようなコードを標準モジュールに書けばワー…

  6. Google関連

    QwiklabsでGoogle Cloud Platformを体験しました。

    先日行われたGoogle Cloudのハンズオンセミナー「QWIKLA…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP