Google関連

[Google Apps Script]選択中のスライドに対してのみ処理を行う

以前、Google スライドですべてのスライドに対して処理を行う方法について記事を書きました。

今回は、すべてのスライドに対してではなく“選択中のスライド”に対してのみ処理を行うスクリプトを紹介します。

function myFunction() {
  var selection = SlidesApp.getActivePresentation().getSelection();
  if (selection.getSelectionType() == SlidesApp.SelectionType.PAGE) {
    var pages = selection.getPageRange().getPages();
    pages.forEach(function(page) {
      var slide = page.asSlide();
      //各スライドに対する何らかの処理
      slide.insertShape(SlidesApp.ShapeType.STARBURST, 40, 40, 100, 100);
    });
    SlidesApp.getUi().alert("処理が終了しました。");
  }
}

上記コードを実行すると、選択したスライドにのみシェイプが挿入されます。

処理内容

  1. Presentation.getSelectionメソッドで選択中のオブジェクトを取得します。
  2. Selection.getSelectionTypeメソッドでオブジェクトの種類を判別し、SelectionType.PAGEの場合のみ処理を行います。
  3. Selection.getPageRangeメソッドによってPageRangeオブジェクトを取得し、PageRange.getPagesメソッドによってPageオブジェクトを配列として取得します。
  4. 配列をループさせて、Pageオブジェクトに対して順次処理を行います。
  5. Page.asSlideメソッドによってSlideオブジェクトを取得し、任意の処理を行います。

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートで不要な空白文字を削除する

    スプレッドシートでは、「データ」メニューにある「空白文字を削除」を実行…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]スプレッドシートをExcelファイル(xlsx)に変換する

    スプレッドシートのファイルメニュー → 形式を指定してダウンロード →…

  3. Google関連

    Google Apps Script 活用ミートアップ #4に参加しました – #GAS…

    5月20日(月)にNagatacho GRiDで開催された「【エンジニ…

  4. Google関連

    「Save to Drive」ボタンを試してみました。

    下記Webページでも紹介されていますが、Webサイト上のファイルを直接…

  5. Google関連

    Google Apps Script Execution APIを試してみた。

    「「GAS Station #2」に参加してきました。」で書いた通り、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP