PowerShell

[PowerShell]MailKitを使ってサーバー上のメールを確認する方法(POP3)

先日からMailKitを使ってメール送信を行うPowerShellのコードについて記事を書いてきました。

今度はメール送信ではなく、受信側の処理を試してみたいと思います。

#DLL読み込み
[void][System.Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\System\MailKit\MailKit.dll")
[void][System.Reflection.Assembly]::LoadFile("C:\System\MailKit\MimeKit.dll")

#必要に応じて変更
$userID = "xxxx@xxxxxxxxxx.onmicrosoft.com"
$userPassword = "(パスワード)"
$mailServer = "outlook.office365.com"
$mailPort = 995

#メールサーバー設定
$client = New-Object MailKit.Net.Pop3.Pop3Client
$client.Connect($mailServer, $mailPort, [MailKit.Security.SecureSocketOptions]::SslOnConnect)
$client.Authenticate($userID, $userPassword)

#メールの件名出力
for($i=0; $i -lt $client.Count; $i++){
  $msg = $client.GetMessage($i)
  [System.Console]::WriteLine("{0}, {1}", $i, $msg.Subject)
}

#DeleteMessageメソッドでメールを削除することも可能
#$client.DeleteMessage($client.Count - 1)

$client.Disconnect($true)

Office 365のメール受信サーバーにPOPで接続して、サーバー内にあるメールの件名を一覧表示するコードです。

上記コードではメールの件名しか取得していませんが、宛先や本文など、その他のプロパティも簡単に取得することができます。

MailKit、ほんの少ししか触っていませんが、お手軽で使い勝手が良く、かなり便利だと思います。

関連記事

  1. Windows 10

    Selenium WebDriverでChromium版Edgeを操作してみました。

    先日書いた下記記事の通り、Chromium版Microsoft Edg…

  2. Windows 10

    「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

    以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起…

  3. PowerShell

    winmail.datから添付ファイルを取り出すPowerShellコード

    Outlook以外のメールクライアントを使用しているのであれば、一度は…

  4. Office関連

    Officeアプリケーションのバージョン情報ダイアログから情報を取得するVBScript

    自分の手間を減らすためのスクリプトシリーズ、今回はWordやExcel…

  5. Office関連

    PowerShellからNetOfficeを使ってExcelを操作する方法

    先日、Excel MVPの伊藤さんがPowerShellからExcel…

  6. Windows 10

    ストアアプリを起動するPowerShellコード

    ストアアプリ(UWPアプリ)は実行ファイルをダブルクリックする等して直…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP