Excel

ヘッドレス ChromeをSeleniumBasicで動かしてみました。

Chromeがヘッドレスモードに対応した頃、Seleniumで操作したことがあるのですが(下記記事参照)、SeleniumBasicからの操作も試してみることにします。

準備

下記記事でも書いていますが、SeleniumBasicに同梱されているWebDriverのバージョンは古いので、SeleniumBasicを使用する際は、操作対象となるブラウザーのバージョンに合ったファイル(chromedriver.exe)に差し替える必要があります。

ヘッドレス ChromeをSeleniumBasicで操作するVBAマクロ

以前書いた記事では、.Net用のSeleniumを使い「ChromeOptions」でヘッドレスモードを指定したのですが、SeleniumBasicではChromeOptionsが用意されていないようです。

どうすれば良いのか一瞬迷いましたが、「AddArgument」で普通にヘッドレス用のオプションを指定すれば良いようです。
(オプションの詳細については「ヘッドレス Chrome ことはじめ」参照)

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim pdf As Object 'Selenium.PdfFile
  
  With CreateObject("Selenium.ChromeDriver")
    'オプションを付けてHeadless Chromeを立ち上げ
    'https://developers.google.com/web/updates/2017/04/headless-chrome?hl=ja 参考
    .AddArgument "--headless --disable-gpu"
    
    .Start
    .Get "https://www.yahoo.co.jp/"
    .FindElementById("srchtxt").SendKeys "あいうえお"
    .FindElementById("srchbtn").Click
    
    'PDFを作成してスクリーンショット貼り付け
    Set pdf = CreateObject("Selenium.PdfFile")
    pdf.SetPageSize 210, 297, "mm"
    pdf.SetMargins 5, 5, 5, 15, "mm"
    pdf.AddImage .TakeScreenshot, True
    pdf.SaveAs "C:\Test\Screenshot.pdf"
    
    .Quit
  End With
  MsgBox "処理が終了しました。", vbInformation + vbSystemModal
End Sub

上記コードは、Yahoo!で検索した結果のスクリーンショットを撮り、PDFファイルとして保存する処理を行いますが、同様の処理はchrome.exeのコマンドラインオプションでも行うことができます。

chrome.exe --headless --disable-gpu --print-to-pdf="C:\Test\Screenshot_CMD.pdf" https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%88%E3%81%8A

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]販売者ダッシュボードが日本語化されました。

    当ブログでも下記ページなどで紹介しているSeller Dashboar…

  2. Office関連

    Wordマクロで文字数を取得する方法をまとめてみました。

    「蛍光ペンでマークした部分の文字数をカウントするWordマクロ」で蛍光…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]カレンダーから日付入力

    カレンダーから日付を選ぶだけで選択中のセルに日付を入力できるコンテンツ…

  4. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]アクティブなシート名を取得する。

    埋め込んだExcelワークブックのアクティブなシート名を取得するコード…

  5. Excel

    Excel向けPower BI カスタム ビジュアル機能の紹介

    Power BI ブログの記事「Excel announces new…

  6. Excel

    続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP