Office関連

[Excel 2013]Web関数を使ってXMLデータから複数のレコードをまとめて抽出する。

Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。」や「[Excel 2013]Web関数を使ってマッシュアップ」でも紹介している、Excel 2013で追加されたWeb関数を使うとWeb上のデータを簡単に活用できるのでとても便利です。
今回はこのWeb関数を使って、XMLデータから複数のレコードをまとめて抽出する方法を紹介します。

  1. セルB2に次の数式を入力します。
  2. Office2013_46_01

  3. セルB3からセルB7までを選択します。
  4. Office2013_46_02

  5. 数式バーに次の数式を入力し、[Ctrl] キーと [Shift] キーを押しながら [Enter] キーを押します。
  6. Office2013_46_03

  7. セルB3からセルB7にデータが入力されます。
  8. Office2013_46_04

上記では、WEBSERVICE関数を使って「Yahoo!天気・災害 – 東京都の天気」から取得したXML(RSS)をセルB2に格納し、FILTERXML関数を配列数式で使うことによって、セルB2のXMLからtitle要素の値をまとめて取得しています。

この方法は「Automatically plot multiple pieces of online data in your Excel spreadsheet」で紹介されていたもので、私自身これまで“FILTERXML関数を配列数式で使う”という発想が無かったのでとても衝撃的でした。
Web APIの結果(XML)やRSSから、こうも簡単に情報が取得できるのはExcel 2013ならではですね。
やっぱり、とても便利です!

■ 関連Webページ

・Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って、マクロを使わずWeb APIを利用する。
//www.ka-net.org/blog/?p=1933
・[Excel 2013]Web関数を使ってマッシュアップ
//www.ka-net.org/blog/?p=2462

「ストーリーで学ぶ Excel VBAと業務改善のポイントがわかる本」の見本誌をいただきました。前のページ

「クラシックスタイルメニュー」の誤検知?次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Computer Vision APIを使って画像から文字列を取得するVBAマクロ

    前々回の記事で、Fiddlerを使ってMicrosoft Cognit…

  2. Office関連

    Visual Studio Community 2015でOffice開発する。

    「Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 201…

  3. Office関連

    Office 2016でACROBATタブが表示されない!?(Acrobat DC)

    2015/10/16 追記:先日公開されたアップデート「15.00…

  4. Office関連

    ExcelとPowerPointに自動保存機能が追加されました。

    Excel 2016を使っていて、ふと気が付いたのが画面左上にある「自…

  5. Office関連

    Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しま…

    Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Micros…

  6. Office関連

    Office 2013のコントロールIDリストが更新されました。

    「コントロールID 一覧(Office 2013)」でも紹介しているO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP