Office関連

ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ

Outlookには「ユーザー設定フォーム」(Custom Forms)機能があり、メールやタスクといったアイテムを作成する際のユーザーインターフェイスをカスタマイズすることができます。

フォームにはフィールドを配置でき、ユーザー定義フィールドによって、任意の情報をアイテムに付加させることができます。

今回は、ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成し、ユーザー定義フィールドの値を設定するマクロを紹介します。

メッセージ クラスの確認

マクロからユーザー設定フォームを取扱い際、まずはメッセージ クラスをフォームの選択画面で確認しておく必要があります。

VBAコード

ItemsオブジェクトのAddメソッドの引数にメッセージ クラスを指定することで、指定したユーザー設定フォームに基づいてメールを作成できます。

また、UserPropertyオブジェクトのValueプロパティを利用することで、ユーザー定義フィールドの値を設定することができます。

Public Sub Sample01()
  With Application.GetNamespace("MAPI").GetDefaultFolder(olFolderDrafts)
    'メッセージ クラスを指定してアイテム作成
    With .Items.Add("IPM.Note.CustomMessage") 'Outlook.MailItem
      .Subject = "テストメール"
      .Body = "あいうえお" & vbNewLine & "かきくけこ"
      
      'UserPropertyオブジェクトのValueプロパティでユーザー定義フィールドの値を設定
      .UserProperties("郵便番号").Value = "903-0815"
      .UserProperties("住所1").Value = "沖縄県那覇市首里金城町1-2-3"
      .UserProperties("住所2").Value = "テストビル10階"
      
      .Display
    End With
  End With
End Sub

InspectorオブジェクトのModifiedFormPagesプロパティからPageオブジェクトを取得し、UserForm上のコントロールのようにフィールドを扱うこともできます。

Public Sub Sample02()
  Dim frm As Object
  
  With Application.GetNamespace("MAPI").GetDefaultFolder(olFolderDrafts)
    'メッセージ クラスを指定してアイテム作成
    With .Items.Add("IPM.Note.CustomMessage") 'Outlook.MailItem
      .Subject = "テストメール"
      .Body = "あいうえお" & vbNewLine & "かきくけこ"
      
      '「P.2」ページのコントロール操作
      Set frm = .GetInspector.ModifiedFormPages("P.2") 'MSForms.UserForm
      frm.Controls("TextBox1").Value = "903-0815"
      frm.Controls("TextBox2").Value = "沖縄県那覇市首里金城町1-2-3"
      frm.Controls("TextBox3").Value = "テストビル10階"
      
      .Display
    End With
  End With
End Sub

関連記事

  1. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(NUM)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  2. Office関連

    セル内にあるブックマークをカウントするWordマクロ

    Twitterを眺めていたら下記ツイートを発見しました。【Wo…

  3. Office関連

    Office製品の開発チームにユーザーの声を届けよう!

    Office 用アプリやSharePoint 用アプリを開発する際「こ…

  4. Office関連

    【2018年9月版】Microsoft Office関連の公式リンクまとめ

    Ignite 2018やOffice 2019のリリースがあり、Off…

  5. Office関連

    Microsoft Graph ExplorerがMicrosoft アカウント(MSA)に対応しま…

    Azure AD v2.0 エンドポイントによって、個人用Micros…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP