Office関連

Excelを別インスタンスで起動する方法

Excel 別インスタンス 起動」といったキーワード検索でのアクセスがありました。

Excel 2010までは、Excelを起動した状態でもう一度EXCEL.EXEを実行すると、プロセスが2つ起動されましたが、Excel 2013以降は1つのプロセス上で別のブックが開かれるだけです。

Excel_NewInstance_01

Excel_NewInstance_02

しかし、場合によっては複数のプロセスで作業した方が効率が良い場合もあります。
そんなときは下記のように“ファイル名を指定して実行”から「excel /x」を実行するのが便利です。

  1. Windowsキー + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 名前欄に「excel /x」を入力して、OKボタンをクリックします(もしくはそのままEnterキー押下)。
  3. Excel_NewInstance_03

  4. Excelが別インスタンスで起動します。
  5. Excel_NewInstance_04

関連記事

参考Webサイト

関連記事

  1. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]カスタムタブを共有する。

    ※ 2015/2/18 コードに一部誤りがあったので修正しました。…

  2. Office関連

    代理人アクセスによって予定を追加するOutlookマクロ

    先日久々にmougの質問に回答しました。マクロを使って、Exc…

  3. Office関連

    Office 2016関連資料のリンク(2)

    「Office 2016関連資料のリンク」では主にサポートサイトのリン…

  4. Office関連

    RESAS-APIをVBAから呼び出す方法

    下記記事の通り「地域経済分析システム RESAS」のAPIが公開された…

  5. Office関連

    Word 2013のアクセス キー一覧[PDF]

    前回の記事でWord 2013のアクセス キーをまとめたものを公開しま…

  6. Office関連

    関数一覧(Excel 2013 Customer Preview)

    関数の挿入ダイアログから抽出したExcel 2013 Customer…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP