Office関連

Excelを別インスタンスで起動する方法

Excel 別インスタンス 起動」といったキーワード検索でのアクセスがありました。

Excel 2010までは、Excelを起動した状態でもう一度EXCEL.EXEを実行すると、プロセスが2つ起動されましたが、Excel 2013以降は1つのプロセス上で別のブックが開かれるだけです。

Excel_NewInstance_01

Excel_NewInstance_02

しかし、場合によっては複数のプロセスで作業した方が効率が良い場合もあります。
そんなときは下記のように“ファイル名を指定して実行”から「excel /x」を実行するのが便利です。

  1. Windowsキー + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 名前欄に「excel /x」を入力して、OKボタンをクリックします(もしくはそのままEnterキー押下)。
  3. Excel_NewInstance_03

  4. Excelが別インスタンスで起動します。
  5. Excel_NewInstance_04

関連記事

参考Webサイト

関連記事

  1. Office関連

    PowerShellからNetOfficeを使ってExcelを操作する方法

    先日、Excel MVPの伊藤さんがPowerShellからExcel…

  2. Office関連

    指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択するVBAマクロ

    マクロから直接ファイルを開くこともできるけどファイルの操作はユーザーに…

  3. Office関連

    「DQNネーム辞書」を更新しました。

    前のブログで公開していたIME 2010用の「DQNネーム辞書」を更新…

  4. Office関連

    PHPPresentationを使ってPHPからPowerPointファイルを出力してみる。

    久しぶりにPHPOfficeを覗いてみたら「PHPPresentati…

  5. Office関連

    [Office 365 Solo]Skypeってスマートフォンからも使えるの?

    「Office 365 Soloをインストールしみてました。」でも書い…

  6. Office関連

    ガイドを追加するPowerPointマクロ

    PowerPointで図形の位置を調整するときに役立つガイド機能(ガイ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP