Windows 10

Chromium版のMicrosoft Edgeをインストールしてみました。

下記記事の通り、今月の15日(米国時間)付でChromiumベースのMicrosoft Edge(以下、Chromium Edge)が正式リリースされました。

自動更新有効、Blocker Toolkit未適用の端末で、知らない間にインストールされ余計な混乱が生じても困るので、Stableチャネル(安定版)のChromium Edgeを、検証のためにインストールしてみました。

Stableチャネルのダウンロード

インストーラーは専用サイトからダウンロードできます。
(下記リンクはWindows 10向けのものです。)

昨日の時点では検索エンジンでヒットしたリンクを載せていましたが、専用サイトが公開されたので修正しました。

Chromium Edgeのインストール

ダウンロードしたインストーラー「MicrosoftEdgeSetup.exe」を実行すると、Chromium Edgeが自動的にインストールされます。

Chromium Edgeのインストール先

インストールが終わると、下記パスにファイルが作成されました。

C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe

Chromium Edgeのバージョン

私が試した時点では、バージョンは「79.0.309.65 (公式ビルド) (64 ビット)」となっていました。

UserAgentは下記の通りです。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/79.0.3945.117 Safari/537.36 Edg/79.0.309.65

既定のWebブラウザーは変更される?

私が主に検証したかったのは、“既定のブラウザーやPDFビューアが変更されるかどうか?”です。
設定 → [アプリ] → [既定のアプリ] を開くと、「Web ブラウザー」は変更されていませんでした。

PDFビューアの方も変更ありません。

ただし、インターネットショートカットを開こうとしたところ、下記サイトにあるような、使用アプリの確認ダイアログが表示されました。

旧Edgeは削除される?

下記記事で紹介している「microsoft-edge:」URIスキーム、「shell:AppsFolder」、AppUserModelId(AUMID)指定での起動を試してみましたが、どの方法でもEdgeHTML版Edge(旧Edge)は起動せず、新しいChromium Edgeに置き換えられていました。

しかし、旧Edgeがあるフォルダ(下記記事参照)を開くとちゃんとファイルは残っており、削除されていないことが分かります。

旧Edgeとの共存

わざわざEdgeHTML版のEdgeを使う状況も限られているとは思いますが、Chromium Edgeをインストールした状態で旧Edgeを実行したいときは、下記サイトにある通り、グループポリシーを変更する必要があります。

  1. https://aka.ms/EdgeEnterprise から管理用テンプレートをダウンロード・追加します。
  2. グループポリシーエディターを開いて、 [コンピューターの構成] → [管理用テンプレート] → [Microsoft Edge の更新] → [アプリケーション] から「Microsoft Edge でのブラウザーの同時実行エクスペリエンスを許可する」(Allow Microsoft Edge Side by Side browser experience)を有効にします。
  3. レジストリを変更する場合は、下記値(Allowsxs)になります。
  4. Windows Registry Editor Version 5.00
    
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\EdgeUpdate]
    "Allowsxs"=dword:00000001
  5. ただし、ポリシーを有効にしただけでは旧Edgeが使えるようにはならないため、上で書いたChromium Edgeのインストーラー(MicrosoftEdgeSetup.exe)を再度実行します。
  6. スタートメニューに「Microsoft Edge レガシ」が追加され、旧Edgeを起動できるようになります。

Internet Explorer モード

下記サイトにある通り、Chromium EdgeにはIEモードが用意されています。

  1. https://aka.ms/EdgeEnterprise から管理用テンプレートをダウンロード・追加します。
  2. グループポリシーエディターを開いて、 [コンピューターの構成] → [管理用テンプレート] → [Microsoft Edge] から「Internet Explorer 統合を構成する」(Configure Internet Explorer integration)を有効にし、プルダウンから「Internet Explorer モード」を選択します。
  3. レジストリを変更する場合は、下記値(InternetExplorerIntegrationLevel)になります。
  4. Windows Registry Editor Version 5.00
    
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge]
    "InternetExplorerIntegrationLevel"=dword:00000001
  5. 下記コマンドのように、「–ie-mode-test」オプションを付けてChromium Edgeを実行します。
  6. "C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe" --ie-mode-test
  7. 頻繁に使用する場合は、右クリック → [新規作成] → [ショートカット] からショットカットファイルを作成しておくと便利です。
  8. […](設定など) → [その他のツール] → [サイトを Internet Explorer モードで開く] からサイトをIEモードで表示できます。
  9. IEモードでは、UserAgentは下記のようになっていました。
  10. Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

下記記事にある通り、[ edge://flags/ ]ページから「Enable IE Integration」の値を「IE mode」にすることでもIEモードを有効にできます。

WebDriverによる操作の自動化

.NET向けのSeleniumを使って、WebDriverによる操作を試してみました。
詳細は下記記事からご覧ください。

関連記事

  1. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード(DOM編)

    2017/8/18 追記:当記事のコードは現在動作しなくなっている…

  2. Windows関連

    [Windows 8.1]起動時にデスクトップを表示する。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・64ビット)に基づ…

  3. Windows関連

    OSのバージョン情報をクリップボードにコピーするVBScript

    OSのバージョンやビルド番号をブログの記事内に書くことがあるのですが、…

  4. Windows関連

    Windows 8 Developer PreviewをOS X Lionっぽくする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  5. Windows 10

    [Windows 10]Windows Ink ワークスペースの付箋を起動するショートカット

    前回の記事の関連です。前回はWindows Ink ワークスペ…

  6. Windows 10

    Microsoft Edgeの拡張機能を色々試してみた。

    前回の記事ではMicrosoft Edgeの拡張機能(Microsof…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP