Windows 10

「ファイル名を指定して実行」からMicrosoft Edgeを起動する

以前書いた記事で、Microsoft EdgeをVBScriptから起動する方法を紹介していますが、「ファイル名を指定して実行」や「コマンド プロンプト」からもEdgeを起動することができます。

ファイル名を指定して実行からEdgeを起動する

  1. Windows キー + R キー を押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。
  2. 下記コマンドを入力し「OK」ボタンをクリックします。
  3. shell:AppsFolder\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge

    Exec_MicrosoftEdge_01

  4. Microsoft Edgeが起動します。
  5. 下記のようにURLや検索ワードを指定して起動することもできます。
  6. "shell:AppsFolder\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge" //www.ka-net.org/blog/
    "shell:AppsFolder\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge" 検索ワード

コマンド プロンプトからEdgeを起動する

  1. コマンド プロンプトを実行します。
  2. 下記コマンドを入力し、Enterキーを押して実行します。
  3. start shell:AppsFolder\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe!MicrosoftEdge

    Exec_MicrosoftEdge_02

  4. Microsoft Edgeが起動します。

上記方法はshell:AppsFolder(Shellスキームであらかじめ定義された特殊フォルダーらしいです)を使ってEdgeを起動しているわけですが、指定しているアプリの識別子(AppUserModelId)は下記手順で調べることができます。

  1. Windows キー + R キー を押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。
  2. 名前欄に「shell:AppsFolder」と入力し「OK」ボタンをクリックします。
  3. Exec_MicrosoftEdge_03

  4. アプリケーションフォルダが開かれます。
  5. Exec_MicrosoftEdge_04

  6. 表示メニューから「詳細表示の設定」をクリックします。
  7. Exec_MicrosoftEdge_05

  8. 詳細表示の設定ダイアログが表示されたら「AppUserModelId」をチェックして「OK」ボタンをクリックします。
  9. Exec_MicrosoftEdge_06

  10. 表示メニューから「詳細」をクリックします。
  11. Exec_MicrosoftEdge_07

  12. 各アプリケーションのAppUserModelIdが表示されます。
  13. Exec_MicrosoftEdge_08

Accessible Explorer等のツールを使えばすぐにエクスプローラーからIDをコピーできますが、下記のようにPowerShellスクリプトを実行することでも一覧を取得することができます。

$installedapps = get-AppxPackage
foreach ($app in $installedapps)
{
    foreach ($id in (Get-AppxPackageManifest $app).package.applications.application.id)
    {
        $app.packagefamilyname + "!" + $id
    }
}

Windows 8 アプリのテストを自動化する」より

関連記事

関連記事

  1. Windows 10

    Microsoft Edgeを起動してキー操作を送るWindows 10のバッチ

    ITproに「Windows 10のコマンドプロンプトを使い込む - …

  2. Windows 10

    WinAppDriver UI Recorderを試してみました。

    下記記事にある通り、「WinAppDriver UI Recorder…

  3. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  4. Windows 10

    SeleniumBasic(Selenium VBA)がMicrosoft Edgeに対応しました。…

    言わずと知れたWebブラウザーの自動制御ツール「Selenium」のV…

  5. Office関連

    PowerShellからClosedXMLを使ってExcelファイルを作成する方法

    以前C#からClosedXMLを使ってExcelファイルを操作する方法…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP