Windows 10

Microsoft Edgeを起動するVBScript

前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソッドを使えば、VBScriptでMicrosoft Edgeを起動することができます。

CreateObject("Shell.Application").ShellExecute "microsoft-edge:about:start"

もちろん、「about:start」の部分を任意のURLに変えて、好きなWebページを開くこともできます。

関連記事

関連記事

  1. VBScript

    【Illustrator】指定したPDFプリセットでAIファイルをPDFに一括変換するVBScrip…

    前回の記事で、Illustratorに登録されたPDFプリセットを列挙…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    2017/1/31 追記:一部コードを修正した記事を公開しました。…

  3. Windows 10

    特殊フォルダやプログラムのCLSID一覧とShellコマンド一覧

    「「プログラムと機能」からインストールされているアプリケーションの一覧…

  4. VBScript

    ファイル選択ダイアログ

    ファイル選択ダイアログを表示するVBScriptをまとめてみま…

  5. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(UI Automat…

    当ブログでは、Microsoft Edgeを外部から操作するプログラム…

  6. Windows関連

    [Windows 8]画像をタッチしてログオンする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP