Windows 10

Microsoft Edgeを起動するVBScript

前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソッドを使えば、VBScriptでMicrosoft Edgeを起動することができます。

CreateObject("Shell.Application").ShellExecute "microsoft-edge:about:start"

もちろん、「about:start」の部分を任意のURLに変えて、好きなWebページを開くこともできます。

関連記事

Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット前のページ

Microsoft Edgeでリンク先を開く次のページ

関連記事

  1. VBScript

    SkyDrive上のフォルダーからファイルをダウンロードするVBScript

    前回はSkyDrive APIを利用してドラッグ&ドロップしたファイル…

  2. Windows関連

    Windows 8 Developer PreviewをOS X Lionっぽくする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  3. Windows関連

    [Windows 8]クイックアクセスツールバーの情報はどこ?

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  4. VBScript

    Windows Updateの更新履歴をCSV(UTF-8)で保存するVBScript

    以前書いたスクリプトが出てきました。Windows Updateの…

  5. Windows関連

    どのブラウザーが最強なのかを調べてみたよ。

    Internet Explorer、Chrome、Firefox…数あ…

  6. Windows関連

    [Windows 8]便利な”クイックアクセス(Win + X)”メニュー

    Windows 8の便利なショートカットキーの一つとして「Win + …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP