Windows 10

Microsoft Edgeを起動するVBScript

前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソッドを使えば、VBScriptでMicrosoft Edgeを起動することができます。

CreateObject("Shell.Application").ShellExecute "microsoft-edge:about:start"

もちろん、「about:start」の部分を任意のURLに変えて、好きなWebページを開くこともできます。

関連記事

Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット前のページ

Microsoft Edgeでリンク先を開く次のページ

関連記事

  1. Office関連

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(DOM編)

    前回の記事で、UI Automationを使って起動中のMicroso…

  2. Windows 10

    Microsoft Edgeの拡張機能を色々試してみた。

    前回の記事ではMicrosoft Edgeの拡張機能(Microsof…

  3. Windows関連

    [Windows 8]ログオン時にデスクトップを表示する。

    通常Windows 8はログオン時にスタートスクリーンが表示されますが…

  4. Windows関連

    ドラッグ&ドロップした画像をクリップボードにコピーするバッチファイル

    いくつか画像ファイルを編集する必要があったときに書いたバッチ(というよ…

  5. Windows 10

    [Windows 10]Creators UpdateのISOファイルを直接ダウンロードする方法

    下記記事の通り、本日(2017/4/5(米国時間))から「Window…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP