Windows 10

Microsoft Edgeを起動するVBScript

前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソッドを使えば、VBScriptでMicrosoft Edgeを起動することができます。

CreateObject("Shell.Application").ShellExecute "microsoft-edge:about:start"

もちろん、「about:start」の部分を任意のURLに変えて、好きなWebページを開くこともできます。

関連記事

Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット前のページ

Microsoft Edgeでリンク先を開く次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット

    2015/10/12 記事を追加しました。・Microsoft E…

  2. Windows 10

    [Selenium]ExecuteScriptで指定した要素のIDを取得する。

    MSDN フォーラムにあった質問「Edge向けWebDriverでDO…

  3. Office関連

    Officeアプリケーションのバージョン情報ダイアログから情報を取得するVBScript

    自分の手間を減らすためのスクリプトシリーズ、今回はWordやExcel…

  4. Windows 10

    Selenium WebDriverを使用してMicrosoft EdgeとOfficeを連携させる…

    この記事はSelenium/Appiumアドベントカレンダー2015の…

  5. Power Automate for desktop

    Power Automate for desktop(Power Automate Desktop)…

    前回の記事でも触れていますが、Windows 11ではPower Au…

  6. Windows関連

    Windows 8を従来のスタイルに変更するスクリプト

    2012/3/2 追記:下記情報はWindows Develope…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP