Windows 10

Microsoft Edgeを起動するVBScript

前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソッドを使えば、VBScriptでMicrosoft Edgeを起動することができます。

CreateObject("Shell.Application").ShellExecute "microsoft-edge:about:start"

もちろん、「about:start」の部分を任意のURLに変えて、好きなWebページを開くこともできます。

関連記事

Microsoft EdgeでWebページを開くインターネットショートカット前のページ

Microsoft Edgeでリンク先を開く次のページ

関連記事

  1. Windows関連

    右クリックメニューからフォルダを管理者権限で開く(コマンド プロンプト)

    フォルダをShiftキーを押しながら右クリックすると、「コマンド ウィ…

  2. Windows関連

    [Windows 8]画像をタッチしてログオンする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  3. Office関連

    Wordのテンプレートをインストールするスクリプト

    Wordマクロをテンプレートにして使用する場合、通常そのテンプレートフ…

  4. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  5. Windows 10

    Microsoft Edgeを起動してキー操作を送るWindows 10のバッチ

    ITproに「Windows 10のコマンドプロンプトを使い込む - …

  6. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード(UI Automati…

    2017/8/18 追記:当記事のコードは現在動作しなくなっている…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP