Windows 10

続・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

以前VBAからMicrosoft Edgeを操作するマクロについて記事を書きました。

・Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)
//www.ka-net.org/blog/?p=6033

ここで一つ気になったのがコイツ↓は一体何なのか?ということです。

MicrosoftEdge_DOM_Object_01

記事を書いたときは、getElementByIdメソッドが使えたので「普通にHTMLDocument取れるんだなー」と、深く考えていなかったのですが、一応TypeName関数で確認してみることにしました。
その結果・・・

MicrosoftEdge_DOM_Object_02

documentは「JScriptTypeInfo」、parentWindowは「Object」が返ってきました。

そういえば以前DocumentがJScriptTypeInfoを返すなんて話があったなー、などと思い出しましたが、面倒くさいので深追いするのは止めました。

ちなみに、Internet Explorerの場合は下図のようにHTMLDocumentとHTMLWindow2が返ってきました。

MicrosoftEdge_DOM_Object_03

Internet Explorer_Serverといえど、やはりEdgeとIEはどこか違うのでしょう。多分。

最後に、Objectが返ってきたEdgeのparentWindowですが、clientInformation(navigator)からは一部プロパティを取得できたのでメモしておきます。

  • appCodeName:Mozilla
  • appName:Netscape
  • appVersion:5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36 Edge/12.10240
  • platform:Win32
  • userAgent:Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36 Edge/12.10240

関連記事

Microsoft Edgeで開いているページを名前を付けて保存する前のページ

起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するVBAマクロ(UI Automation編)次のページ

関連記事

  1. Office関連

    住所から郵便番号を取得するVBAマクロ

    「住所から郵便番号 VBA」といったキーワード検索でのアクセスがあった…

  2. Office アドイン

    [Office用アプリ]任意の場所にデータを入力する。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP