Office関連

[リボン・カスタマイズ]toggleButtonのオン・オフを動的に変更する。

“リボン上のトグルボタンをマクロで押し下げすることはできないか?”、との質問がありました。
トグルボタンの押下状態ですが、基本的には下記記事と同じくtoggleButton要素のgetPressed属性を使い、(IRibbonUI).InvalidateControlメソッドや(IRibbonUI).Invalidateメソッドでリボンの再描画を行います。

あるいは下記のようにUI Automationを使って制御することもできますが、下記のコードではリボン上に同名のグループやボタンがある場合のことは考慮していませんので処理を変更する必要があります。

関連記事

2022年2月の人気記事前のページ

[Power Automate for desktop]カスタム フォームの背景色を自由に設定する方法次のページ

関連記事

  1. Office関連

    テキストボックスの中にある表を操作するWordマクロ

    Yahoo!知恵袋で、「Wordマクロでテキストボックスの中にある表の…

  2. Office関連

    サジェスト機能を利用したWord用ツール

    「Webサービスのサジェスト機能についてまとめてみました。」でWebサ…

  3. Office関連

    ページごとにPNG形式で出力するWordマクロ(Word 2013)

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  4. Office関連

    Excelのアイデア機能でグラフやピボットグラフを一発作成

    Insider版のExcelに「アイデア」機能が追加されました。…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. きぬあさ様
    いつもお世話になります。

    おかげさまでうまくいきました!
    どうもありがとうございました。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP