Office関連

[リボン・カスタマイズ]toggleButtonのオン・オフを動的に変更する。

“リボン上のトグルボタンをマクロで押し下げすることはできないか?”、との質問がありました。
トグルボタンの押下状態ですが、基本的には下記記事と同じくtoggleButton要素のgetPressed属性を使い、(IRibbonUI).InvalidateControlメソッドや(IRibbonUI).Invalidateメソッドでリボンの再描画を行います。

あるいは下記のようにUI Automationを使って制御することもできますが、下記のコードではリボン上に同名のグループやボタンがある場合のことは考慮していませんので処理を変更する必要があります。

関連記事

2022年2月の人気記事前のページ

[Power Automate for desktop]カスタム フォームの背景色を自由に設定する方法次のページ

関連記事

  1. Office関連

    VBAプロジェクトを「展開する」VBAマクロ

    MSDNフォーラムに面白い質問がありました。VBE・プロジェクト …

  2. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(E)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  3. Office関連

    「クラシックスタイルメニュー」の誤検知?

    2013/07/16 追記:cx20さんにコメントで"Google…

  4. Office関連

    埋め込んだブックへのユーザー入力を活用する

    「Excel Web Appのブック埋め込みを試してみました。」でEx…

  5. Office関連

    YouTube動画挿入アドイン for PowerPoint

    前回の記事でPowerPoint 2013でYouTubeの動画が挿入…

  6. Office関連

    Google翻訳の言語自動検出機能を追う

    「Google TTSで文字列を読み上げるマクロ」でGoogle翻訳の…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. きぬあさ様
    いつもお世話になります。

    おかげさまでうまくいきました!
    どうもありがとうございました。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP