Windows関連

[Windows 8.1]起動時にデスクトップを表示する。

※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて説明しています。

タッチ非対応のPCを使う場合は特に、スタート画面よりもデスクトップを使うことが多いかと思いますが、起動(サインイン)時にスタート画面ではなくデスクトップを表示するための設定項目が、Windows 8.1には用意されています。

  1. 検索チャームを表示します(※ 表示方法は「検索と整理」参照)。
  2. Windows8-1_02_01

  3. タスクバー」をキーワードに検索し、候補として表示される「タスク バーとナビゲーション」を実行します。
  4. Windows8-1_02_02

  5. タスク バーとナビゲーションのプロパティ」ダイアログが表示されるので、「ナビゲーション」タブにある「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する(D)」にチェックを入れて「OK」(または適用)ボタンをクリックします。
  6. Windows8-1_02_03

以上の作業で、サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップが表示されるようになります。

関連記事

  1. Windows関連

    Windows 8にClassic Shellをインストールしてみました。

    ※ 下記はWindows 8 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて…

  2. Windows関連

    [Windows 8]自動的にログオンする。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  3. Windows関連

    OSのバージョン情報をクリップボードにコピーするVBScript

    OSのバージョンやビルド番号をブログの記事内に書くことがあるのですが、…

  4. Windows関連

    PCをクリーンインストールしたので普段使っているツールをまとめてみた。

    Office 2016のリリースに合わせてメインで使っているPCをクリ…

  5. Windows 10

    特殊フォルダやプログラムのCLSID一覧とShellコマンド一覧

    「「プログラムと機能」からインストールされているアプリケーションの一覧…

  6. Windows 10

    WinAppDriver UI Recorderを試してみました。

    下記記事にある通り、「WinAppDriver UI Recorder…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP