Windows関連

[Windows 8.1]Classic Shellをインストールしてみました。

※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・64ビット)に基づいて説明しています。

Windows 8にスタートメニューを追加するフリーソフトとして有名な「Classic Shell」をWindows 8.1にインストールしてみました(バージョン:3.6.8)。

Windows8-1_03_01

Windows8-1_03_02

Windows8-1_03_03

Windows8-1_03_04

Windows8-1_03_05

Windows8-1_03_06

Windows8-1_03_07

指示に従ってインストールするだけなので導入は簡単です。
上図ではスタートボタンの画像をWindowsマークに変更していますが、変更方法は「Windows 8 Release PreviewにClassic Shellをインストールしてみました。」をご参照ください。

前回の記事で紹介している、起動時にデスクトップを表示する設定と合わせて、これでようやく使い慣れた環境になりました。

なお、Windows 8にスタートメニューを追加するソフトとしては、他にも「Start Menu 8」がWindows 8.1に対応しているようです。

Fully supported Windows 8.1
Improved UI for easier understanding
Added Font Settings to change the font color and size
Added the feature to distinguish newly installed programs
Supported sorting items in Start menu by dragging
Supported changing the size for Start button
Supported searching paths and webpages in Search Bar
Supported hotkey Alt + Q to show or hide Sidebar

Start Menu 8 – Free download and software reviews – CNET Download.com より

関連記事

  1. Windows関連

    [Windows 8]拡張子を表示する。

    ※ 下記はWindows Developer Preview(英語版・…

  2. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    「Microsoft Edge VBA 操作」こういったキーワード検索…

  3. Windows 10

    Windows Insider Meetup in Japan 3 東京に参加しました。

    前回のイベント(下記記事参照)から8か月、Windows Inside…

  4. Windows関連

    Windows 10 IMEの「クラウド候補機能」の仕組みを追ってみた。

    「ついにWindows 10 日本語IMEにクラウド候補機能が搭載され…

  5. Windows 10

    Chromium版のMicrosoft Edgeをインストールしてみました。

    下記記事の通り、今月の15日(米国時間)付でChromiumベースのM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP