Windows関連

キーを指定してレジストリエディターを起動するバッチファイル

OSの設定中、レジストリの特定のキーを開いた状態でエディターを起動したいことが多々あったので、起動用のバッチファイル(要管理者権限)を作成しました。

※ レジストリの変更を伴いますので、作業は自己責任で行ってください。

@echo off
reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit" /v "LastKey" /t REG_SZ /d "(キー名)" /f
start regedit

この記事にある通り、レジストリエディターは下記キーにある「LastKey」エントリ(REG_SZ)を参照してキーの展開を行っていることから、このエントリに事前にキーを書き込んでからエディターを起動する、簡単なバッチです。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft \Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit

例えば、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Windows To Go

キーを開いた状態でレジストリエディターを起動したい場合は、バッチファイルを下記のように修正します。

@echo off
reg add "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Applets\Regedit" /v "LastKey" /t REG_SZ /d "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Windows To Go" /f
start regedit

頻繁に使うキーはお気に入り機能を使った方が早いのですが、作業対象となる端末すべてでお気に入り登録する必要も無いので、上記のようなバッチファイルを活用することにしました。

関連記事

  1. Windows 10

    [Windows 10]Update Complianceで端末のアップデート管理を行う方法

    システム担当者にとって、高度・多様化するサイバー攻撃に対し、OSのアッ…

  2. Windows関連

    [Windows 8.1]16ビットアプリケーションを動かす。

    ※ 下記はWindows 8.1 RTM(日本語版・32ビット)に基づ…

  3. Windows関連

    Windows コマンド ライン リファレンス

    未だに出番がなにかと多いコマンドライン、コマンド名やオプションを忘れて…

  4. Windows 10

    Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(WebDriver編)

    Microsoft Edge Dev Blogに「Bringing a…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP