その他

CodePlex Archiveからのファイルの取り出し方

数年前まで稼働していた、Microsoftのホスティングサービス「CodePlex」、ここで公開されていたファイルは現在「CodePlex Archive」(https://archive.codeplex.com/)へと移行されています。文字通りのアーカイブサイトですね。

今回は、Excelの郵便番号変換ウィザードを例に、CodePlex Archiveからのファイルの取得方法について解説します。

  1. 対象となるプロジェクトのページ(郵便番号変換ウィザードの場合は https://archive.codeplex.com/?p=excelzipcode7japan )にアクセスします。
  2. 画面右上にある「download archive」ボタンをクリックし、Zipファイルをダウンロードします。
  3. 手順2.でダウンロードしたZipファイルを解凍し、「releases」フォルダの中にある「releaseList.json」ファイルをテキストエディタで開きます。
  4. Url」プロパティと「FileName」プロパティを探します。
  5. Urlプロパティの値がファイルのパス、FileNameプロパティの値が元のファイル名を表しています。例えば郵便番号変換ウィザードの場合だと、「0」フォルダの中にある「01900f62-c4f4-4e49-9d06-5fe74334ee80」ファイルが「zipcode7.xla」、「f74bba7d-a0d3-4f1f-9882-e3b7efd40f6c」ファイルが「2007zipcode7.xla」ファイルとなります。
  6. 手順5.に従って、元のファイル名にリネームします。

以上の手順で、CodePlex Archiveからのファイルの取得は完了です。

CodePlex ArchiveからダウンロードしたZipファイルを解凍しても、不規則な半角英数字のファイルが並んでいるだけで、一見すると元のファイルが無いように思えますが、JSONファイルを確認することで元のファイル名が分かります。

discussionsやwikiフォルダも同様ですので、CodePlex Archiveで公開されているツールやライブラリを利用するときには、まずはJSONファイルを確認すると良いでしょう。

関連記事

  1. その他

    2014年、今年も初心者備忘録をよろしくお願いいたします。

    もう2014年がスタートして一週間になりますが、今年も当「初心者備忘録…

  2. その他

    SharpDevelopのインストールと日本語化

    私のHPでも「SharpDevelopでリボンXMLを編集する」でリボ…

  3. Office アドイン

    Live Serverとmkcertで簡単にローカルhttpsサーバーを立ち上げる方法

    Office アドインのテストを行うのに、簡単に構築できるhttpsサ…

  4. その他

    20年前のパソコン雑誌が出てきたよ。

    家の本棚を整理したら20年ほど前のパソコン雑誌が出てきました。「う…

  5. その他

    ブログ引っ越しました。

    今年の2月から無料のWordPress.comでブログを書いていたので…

  6. Office関連

    覚えていますか?ISHとLHA、パソコン通信の思い出

    この記事のアイキャッチ画像、文字化けしているわけではないですよ。画…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP