その他

CodePlex Archiveからのファイルの取り出し方

数年前まで稼働していた、Microsoftのホスティングサービス「CodePlex」、ここで公開されていたファイルは現在「CodePlex Archive」(https://archive.codeplex.com/)へと移行されています。文字通りのアーカイブサイトですね。

今回は、Excelの郵便番号変換ウィザードを例に、CodePlex Archiveからのファイルの取得方法について解説します。

  1. 対象となるプロジェクトのページ(郵便番号変換ウィザードの場合は https://archive.codeplex.com/?p=excelzipcode7japan )にアクセスします。
  2. 画面右上にある「download archive」ボタンをクリックし、Zipファイルをダウンロードします。
  3. 手順2.でダウンロードしたZipファイルを解凍し、「releases」フォルダの中にある「releaseList.json」ファイルをテキストエディタで開きます。
  4. Url」プロパティと「FileName」プロパティを探します。
  5. Urlプロパティの値がファイルのパス、FileNameプロパティの値が元のファイル名を表しています。例えば郵便番号変換ウィザードの場合だと、「0」フォルダの中にある「01900f62-c4f4-4e49-9d06-5fe74334ee80」ファイルが「zipcode7.xla」、「f74bba7d-a0d3-4f1f-9882-e3b7efd40f6c」ファイルが「2007zipcode7.xla」ファイルとなります。
  6. 手順5.に従って、元のファイル名にリネームします。

以上の手順で、CodePlex Archiveからのファイルの取得は完了です。

CodePlex ArchiveからダウンロードしたZipファイルを解凍しても、不規則な半角英数字のファイルが並んでいるだけで、一見すると元のファイルが無いように思えますが、JSONファイルを確認することで元のファイル名が分かります。

discussionsやwikiフォルダも同様ですので、CodePlex Archiveで公開されているツールやライブラリを利用するときには、まずはJSONファイルを確認すると良いでしょう。

キーを指定してレジストリエディターを起動するバッチファイル前のページ

「つくも神ポンポン」展に行ってきたよ。次のページ

関連記事

  1. Office関連

    オデッセイ コミュニケーションズ主催のWord活用無料セミナーに参加しました。

    Club Microsoft会員限定、オデッセイ コミュニケーションズ…

  2. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  3. その他

    Google Noseで表示される香りをまとめてみました。

    Googleの新サービス(笑)「Google Nose BETA」で表…

  4. その他

    Evernoteのサイレント・インストール

    EvernoteのダウンロードページからダウンロードできるWindow…

  5. その他

    2016年ブログ振り返り(前半戦)

    2016年、今年も無事に仕事納め完了。年明けまで会社に行くこともな…

  6. その他

    jQuery UIのDatepickerに祝日判定ロジックを組み込む。

    jQuery UIにはWebシステムで簡単に日付選択ができるようになる…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP