その他

CodePlex Archiveからのファイルの取り出し方

数年前まで稼働していた、Microsoftのホスティングサービス「CodePlex」、ここで公開されていたファイルは現在「CodePlex Archive」(https://archive.codeplex.com/)へと移行されています。文字通りのアーカイブサイトですね。

今回は、Excelの郵便番号変換ウィザードを例に、CodePlex Archiveからのファイルの取得方法について解説します。

  1. 対象となるプロジェクトのページ(郵便番号変換ウィザードの場合は https://archive.codeplex.com/?p=excelzipcode7japan )にアクセスします。
  2. 画面右上にある「download archive」ボタンをクリックし、Zipファイルをダウンロードします。
  3. 手順2.でダウンロードしたZipファイルを解凍し、「releases」フォルダの中にある「releaseList.json」ファイルをテキストエディタで開きます。
  4. Url」プロパティと「FileName」プロパティを探します。
  5. Urlプロパティの値がファイルのパス、FileNameプロパティの値が元のファイル名を表しています。例えば郵便番号変換ウィザードの場合だと、「0」フォルダの中にある「01900f62-c4f4-4e49-9d06-5fe74334ee80」ファイルが「zipcode7.xla」、「f74bba7d-a0d3-4f1f-9882-e3b7efd40f6c」ファイルが「2007zipcode7.xla」ファイルとなります。
  6. 手順5.に従って、元のファイル名にリネームします。

以上の手順で、CodePlex Archiveからのファイルの取得は完了です。

CodePlex ArchiveからダウンロードしたZipファイルを解凍しても、不規則な半角英数字のファイルが並んでいるだけで、一見すると元のファイルが無いように思えますが、JSONファイルを確認することで元のファイル名が分かります。

discussionsやwikiフォルダも同様ですので、CodePlex Archiveで公開されているツールやライブラリを利用するときには、まずはJSONファイルを確認すると良いでしょう。

キーを指定してレジストリエディターを起動するバッチファイル前のページ

「つくも神ポンポン」展に行ってきたよ。次のページ

関連記事

  1. その他

    2016年ブログ振り返り(前半戦)

    2016年、今年も無事に仕事納め完了。年明けまで会社に行くこともな…

  2. Windows 10

    Windows Application Driverを試してみました。

    Build 2016のセッション「UI Test Automation…

  3. Office関連

    [PowerShell]iTextSharpを使ってPDFファイルを結合する

    mougにあった質問「2つのPDFファイルを結合するには」の回答用に書…

  4. その他

    Visual Studio CodeでjQueryのコードを書いてみる。

    「MS、Win/Linux/Mac対応のコードエディター「Visual…

  5. その他

    Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。

    今月1日、Microsoft Speech Platform Vers…

  6. その他

    2016年ブログ振り返り(後半戦)

    前回の記事に引き続き、今年書いた記事の振り返りです。2016年…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP