その他

Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。

今月1日、Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。
SDKやRuntime、TTSエンジンは下記URLからダウンロードすることができます。

「Microsoft Speech Platform – Software Development Kit (SDK) (Version 11)」
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=27226

「Microsoft Speech Platform – Runtime (Version 11)」
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=27225

「Microsoft Speech Platform – Runtime Languages (Version 11)」
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=27224

Runtimeの動作環境としてサポートされているのは”Windows 7, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Vista“となっていましたが、Windows XPでも動作確認できました。
日本語用のエンジンはこれまで通り「MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi」がダウンロードできます。

SDKのRelease Notesによると、10.2以降ではGrammar Development Toolsに”Check Phrase Tool“と”Confusability Tool“が追加されたようです。
詳しくはMicrosoft Speech Platform – Software Development Kit (SDK) (Version 11)からダウンロードできる「Microsoft Speech Platform SDK 11 Release Notes.rtf」をご参照ください。
また、開発者の方は同ページからダウンロードできる「MicrosoftSpeechSDK.chm」ファイルをダウンロードしておくことをお薦めします。

Linkeeで短縮URLを取得するブックマークレット前のページ

VBAでTTSエンジンの各種情報を列挙する次のページ

関連記事

  1. Office関連

    覚えていますか?ISHとLHA、パソコン通信の思い出

    この記事のアイキャッチ画像、文字化けしているわけではないですよ。画…

  2. その他

    bitlyのAPIキーを取得する

    今回はURL短縮サービスとして有名なbitlyのAPIキーを取得する方…

  3. その他

    【仮面ライダー】DXオーズタジャドルコンボライドウォッチのために並んできました。

    12月22日から平成仮面ライダー20作記念「仮面ライダー平成ジェネレー…

  4. その他

    2016年ブログ振り返り(後半戦)

    前回の記事に引き続き、今年書いた記事の振り返りです。2016年…

  5. その他

    ブログリニューアルしました。

    といっても、WordPressのテンプレートを変えただけですが・・・。…

  6. その他

    「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。

    経路探索サービスとして有名な株式会社ヴァル研究所の「駅すぱあと」ですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP