その他

TypeLibraryから列挙型の情報を取得するC#コード

Excel Q&Aサロンに「列挙型の一覧データを取得したい」との質問がありました。

この手の処理は「組み込み定数を列挙するVBAマクロ」でも使用していますが、TypeLib Information(tlbinf32.dll)を利用するのが簡単です。

ただし、tlbinf32.dllは「Windows Vista および Windows Server 2008 に対する Visual Basic 6.0 のサポートに関する声明」にあるように、Windows Vista以降、すでにサポートされていませんので、今回は別の方法を考えてみることにしました。

参考にしたのはこちら↓のページ。

・タイプライブラリ
http://eternalwindows.jp/com/auto/auto02.html

LoadTypeLibでTypeLibraryを取得して、GetTypeInfoやらGetVarDescやらを使っていけば、処理できそうな感じです。

ただ、これをVBAでやるとシンドそうだったので、今回はC#を使うことにします。

using System;
using System.Runtime.InteropServices;
using ComTypes = System.Runtime.InteropServices.ComTypes;

namespace ListTypeLibInfo
{
  class Program
  {
    [DllImport("oleaut32.dll", PreserveSig=false)]
    public static extern ComTypes.ITypeLib LoadTypeLib([In, MarshalAs(UnmanagedType.LPWStr)] string typelib);
    
    public static void Main(string[] args)
    {
      ComTypes.ITypeLib lib;
      try {
        lib = LoadTypeLib(@args[0]);
      } catch (Exception ex) {
        Console.WriteLine("Error:" + ex.Message);
        //Console.ReadKey(true);
        return;
      }
      for (int i = 0; i < lib.GetTypeInfoCount(); i++) {
        IntPtr ppta;
        ComTypes.ITypeInfo info;
        int con;
        string sname, doc, hlp;
        lib.GetTypeInfo(i, out info);
        info.GetDocumentation(-1, out sname, out doc, out con, out hlp);
        info.GetTypeAttr(out ppta);
        try {
          ComTypes.TYPEATTR ta = (ComTypes.TYPEATTR)Marshal.PtrToStructure(ppta, typeof(ComTypes.TYPEATTR));
          if (ta.typekind == ComTypes.TYPEKIND.TKIND_ENUM) {
            for (int j = 0; j < ta.cVars; j++) {
              IntPtr ppvd;
              int pcnames;
              string[] names = {string.Empty};
              info.GetVarDesc(j, out ppvd);
              try {
                ComTypes.VARDESC vd = (ComTypes.VARDESC)Marshal.PtrToStructure(ppvd, typeof(ComTypes.VARDESC));
                info.GetNames(vd.memid, names, 1, out pcnames);
                Console.WriteLine("{0}\t{1}\t{2}", sname, names[0], Marshal.GetObjectForNativeVariant(vd.desc.lpvarValue));
              } finally {
                info.ReleaseVarDesc(ppvd);
              }
            }
          }
        } finally {
          info.ReleaseTypeAttr(ppta);
        }
      }
      //Console.Write("Press any key to continue . . . ");
      //Console.ReadKey(true);
    }
  }
}

こんな感じでしょうか?
構造体の解放処理あたりが特に自信ありませんが、実行すると一応指定したライブラリの列挙型の情報を抜き出してくれます。

ListTypeLibInfo_01

しかしながら、実際にやってみて思ったことは、やはり「TypeLib Information(tlbinf32.dll)を使った方が楽!」だということです。

tlbinf32.dllはoleaut32.dllのラッパーだと思いますが、TypeLibraryの情報を抜き出したいときはホント便利だと思います。

関連記事

  1. その他

    Google先生も薦めるからSSL証明書を取得してみました。

    「Google、検索結果ランキングでHTTPS対応サイトを優遇へ」とい…

  2. その他

    Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。

    今月1日、Microsoft Speech Platform Vers…

  3. その他

    Accessible Explorerのダウンロード先

    IAccessibleオブジェクトの各種プロパティやオブジェクト間の関…

  4. その他

    Windows RT端末(ASUS VivoTab RT TF600T)を購入しました。

    アウトレット品が安くなっていたので、Windo…

  5. ブックマークレット

    Bingで期間指定検索するオプション 他

    Bingで期間指定検索するオプション 他Bingで検索するとG…

  6. Windows関連

    PCをクリーンインストールしたので普段使っているツールをまとめてみた。

    Office 2016のリリースに合わせてメインで使っているPCをクリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP