Office関連

日本標準時(JST)を取得するVBAマクロ

先日、もり(@moripro3)さんのツイートに対して下記のような返信をしたので、例として簡単なサンプル用のコードを書くことにしました。

NICTが公開しているAPIを使って、日本標準時(NHKや時報で使われている、いわゆる日本時間)を取得するVBAマクロです。
(以前どこかで書いたような気もするのですが、見つからなかったので新しく書き直しました。)

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim dt As Date
  
  dt = GetJST()
  If dt = CDate(0) Then Exit Sub
  MsgBox "現在の時刻は [" & Format(dt, "yyyy年m月d日 h時n分s秒") & "] です。", _
         vbInformation + vbSystemModal, _
         "日本標準時"
End Sub

Private Function GetJST() As Date
'NICTのサーバーから日本標準時取得
'※同一IPからのアクセスは1秒以上の間隔を空けること
' http://www.nict.go.jp/JST/http.html
  Dim js As String
  Dim d As Object, elm As Object
  Dim dt As Date
  Const api_url As String = "https://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/json"
  
  On Error Resume Next 'エラー処理は手抜き
  'JSON取得
  With CreateObject("WinHttp.WinHttpRequest.5.1")
    .Open "GET", api_url, False
    .Send
    Select Case .Status
      Case 200: js = .ResponseText
      Case Else: GoTo Fin
    End Select
  End With
  
  'JSONから日時取得
  If Len(Trim(js)) < 1 Then GoTo Fin
  js = "(" & js & ")" '丸括弧で囲んでeval
  Set d = CreateObject("htmlfile")
  Set elm = d.createElement("span")
  elm.setAttribute "id", "result"
  d.appendChild elm
  d.parentWindow.execScript "document.getElementById('result').innerText = new Date(eval(" & js & ").st * 1000).toLocaleString();"
  If IsDate(elm.innerText) = True Then dt = CDate(elm.innerText)
  If Err.Number <> 0 Then GoTo Fin
  On Error GoTo 0
  
Fin:
  GetJST = dt
End Function

仕組みは単純で、

APIからJSON取得

JSONからサーバー時刻を抜き出し

日付(Date)型として時刻取得

といった作業を行っています。
注意点としては、APIのガイドラインページにある通り、同一IPから連続してアクセスする場合、1秒以上の間隔を空ける必要があることです。

サーバーから日時を取得する方法としては、上記以外にも、例えば下記サイトで紹介されているような、サーバーのレスポンスヘッダー(Date)を使う方法もありますので、そのあたりはお好みで処理すれば良いかと思います。

関連記事

  1. Office アドイン

    [Officeアドイン]マニフェストファイルをデバッグする方法

    Office アドイン本体はF12ツール等を使ってデバッグすることがで…

  2. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]アクティブセルが変更されたときのイベントを利用…

    埋め込んだExcelワークブックの、アクティブセルが変更されたときのイ…

  3. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]ループによる入力と一括入力の処理時間について

    埋め込んだExcelワークブックのセルに対して、ループで1セルずつ入力…

  4. Office アドイン

    Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法

    当ブログでもカテゴリー:JavaScript API for Offi…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]開発に役立つ資料集

    第一回 Apps for Office 勉強会でも紹介した、Offic…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP