Office関連

VBAでTTSエンジンの各種情報を列挙する

今回はTTSエンジンの各種情報を列挙するマクロを紹介します。
Microsoft Speech Platformがインストールされていない場合はSAPIからオブジェクトを取得します。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim sv As Object
  Dim st As Object
  
  Set sv = CreateSpVoice
  If sv Is Nothing Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  For Each st In sv.GetVoices
    Debug.Print "--------------------"
    Debug.Print "ID:" & st.id
    Debug.Print "Name:" & st.GetAttribute("Name")
    Debug.Print "Language:" & st.GetAttribute("Language")
    Debug.Print "Gender:" & st.GetAttribute("Gender")
    Debug.Print "Age:" & st.GetAttribute("Age")
    Debug.Print "Vendor:" & st.GetAttribute("Vendor")
    Debug.Print "--------------------"
  Next
  On Error GoTo 0
  Set sv = Nothing
End Sub

Private Function CreateSpVoice() As Object
  Dim sv As Object

  Set sv = Nothing '初期化
  On Error Resume Next
  Set sv = CreateObject("Speech.SpVoice")
  If Err.Number <> 0 Then
    Set sv = CreateObject("SAPI.SpVoice")
    Err.Clear
  End If
  On Error GoTo 0
  Set CreateSpVoice = sv
End Function

Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。前のページ

2011/09/04次のページ

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]選択範囲変更時のイベントを利用する。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  2. Office関連

    オデッセイ コミュニケーションズ主催のExcel VBA入門セミナーに参加しました。

    今月19日に開催されたオデッセイ コミュニケーションズさん主催の「Ex…

  3. Office アドイン

    [Office用アプリ]カレンダーから日付を入力するコンテンツアプリ。

    ※ この情報はOffice 2013 カスタマー プレビュー版を元にし…

  4. Office関連

    VBAプロジェクトを「展開する」VBAマクロ

    MSDNフォーラムに面白い質問がありました。VBE・プロジェクト …

  5. Office関連

    ソースコードを番号行付きのテーブルに変換するWordマクロ

    Word文書内のソースコードを、他の文書と区別して目立たせたいときに役…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP