Office関連

VBAでTTSエンジンの各種情報を列挙する

今回はTTSエンジンの各種情報を列挙するマクロを紹介します。
Microsoft Speech Platformがインストールされていない場合はSAPIからオブジェクトを取得します。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim sv As Object
  Dim st As Object
  
  Set sv = CreateSpVoice
  If sv Is Nothing Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  For Each st In sv.GetVoices
    Debug.Print "--------------------"
    Debug.Print "ID:" & st.id
    Debug.Print "Name:" & st.GetAttribute("Name")
    Debug.Print "Language:" & st.GetAttribute("Language")
    Debug.Print "Gender:" & st.GetAttribute("Gender")
    Debug.Print "Age:" & st.GetAttribute("Age")
    Debug.Print "Vendor:" & st.GetAttribute("Vendor")
    Debug.Print "--------------------"
  Next
  On Error GoTo 0
  Set sv = Nothing
End Sub

Private Function CreateSpVoice() As Object
  Dim sv As Object

  Set sv = Nothing '初期化
  On Error Resume Next
  Set sv = CreateObject("Speech.SpVoice")
  If Err.Number <> 0 Then
    Set sv = CreateObject("SAPI.SpVoice")
    Err.Clear
  End If
  On Error GoTo 0
  Set CreateSpVoice = sv
End Function

関連記事

  1. Office関連

    文書内の単語を単語ごとにカウントするWordマクロ

    Wordsコレクションを使って文書内の単語を列挙し、各単語がそれぞれい…

  2. Office関連

    Word 2013のアクセス キー一覧[PDF]

    前回の記事でWord 2013のアクセス キーをまとめたものを公開しま…

  3. Office関連

    ClosedXMLやEPPlusでExcelファイルを読み書きしてみた。

    今回の記事の発端は下記のQiita投稿。・Excelファイ…

  4. Office関連

    ページ毎に処理を行うWordマクロ

    Wordのマクロで「ページ毎に○○したい」という要望があったので、簡単…

  5. Office関連

    MicrosoftのDictateアドインを試してみました。

    Microsoftがハンズフリー入力をサポートするOffice用(Wo…

  6. Office関連

    Excel 2013で追加された「UNICHAR」関数を使って特殊文字を表示する。

    「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE」関数を使って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP