Office関連

VBAでTTSエンジンの各種情報を列挙する

今回はTTSエンジンの各種情報を列挙するマクロを紹介します。
Microsoft Speech Platformがインストールされていない場合はSAPIからオブジェクトを取得します。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim sv As Object
  Dim st As Object
  
  Set sv = CreateSpVoice
  If sv Is Nothing Then Exit Sub
  On Error Resume Next
  For Each st In sv.GetVoices
    Debug.Print "--------------------"
    Debug.Print "ID:" & st.id
    Debug.Print "Name:" & st.GetAttribute("Name")
    Debug.Print "Language:" & st.GetAttribute("Language")
    Debug.Print "Gender:" & st.GetAttribute("Gender")
    Debug.Print "Age:" & st.GetAttribute("Age")
    Debug.Print "Vendor:" & st.GetAttribute("Vendor")
    Debug.Print "--------------------"
  Next
  On Error GoTo 0
  Set sv = Nothing
End Sub

Private Function CreateSpVoice() As Object
  Dim sv As Object

  Set sv = Nothing '初期化
  On Error Resume Next
  Set sv = CreateObject("Speech.SpVoice")
  If Err.Number <> 0 Then
    Set sv = CreateObject("SAPI.SpVoice")
    Err.Clear
  End If
  On Error GoTo 0
  Set CreateSpVoice = sv
End Function

Microsoft Speech Platform Version 11が公開されました。前のページ

2011/09/04次のページ

関連記事

  1. Office関連

    オフィス祭り 2018 in 東京が9月15日(土)に開催されます。

    突然ですが、私はMicrosoft Officeが大好きです。20…

  2. Office関連

    Excel REST APIをPowerShellから呼び出す方法

    以前Excel REST APIをVBAから呼び出す方法を紹介しました…

  3. Office関連

    ConvertToTextメソッドを使ってテーブルを二次元配列に変換するWordマクロ

    WordのTableオブジェクトには、テーブルを解除して文字列に変換す…

  4. Office アドイン

    [Officeアドイン]アドイン コマンド(Add-In Commands)の紹介

    前回の記事は“Office アドイン”のAdvent calendar…

  5. Office関連

    Officeアプリケーションの「最近使用したファイル」を削除するVBScript

    WordやExcel等のOfficeアプリケーションでは、下記サイトに…

  6. Office関連

    選択範囲をOneNoteに送るVBAマクロ

    OneNote プリンタードライバー(プリンター)を使ってドキュメント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP