Windows 10

[Windows 10]ペイント 3Dを起動するコマンド

今回はWindows 10 Creators Updateで追加された「ペイント 3D」(Paint 3D)を簡単に起動するためのコマンドを紹介します。

ファイル名を指定して実行からペイント 3Dを起動する

  1. Windows キー + R キー を押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。
  2. 「名前」欄に下記コマンドを入力し「OK」ボタンをクリックします。
  3. shell:AppsFolder\Microsoft.MSPaint_8wekyb3d8bbwe!Microsoft.MSPaint

  4. ペイント 3Dが起動します。
  5. ペイント 3Dに関連付けられたURIスキームを指定することでも、ペイント 3Dを起動することができます。すぐに起動したい場合はこちらの方が便利です。
  6. ms-paint:

  7. ForceBootstrapPaint3D」オプションを付けてペイント(3Dではない従来のペイント)を実行することで、画像ファイルを指定してペイント 3Dを起動することができます。
  8. mspaint "(画像ファイルのパス)" /ForceBootstrapPaint3D

コマンド プロンプトからペイント 3Dを起動する

  1. コマンド プロンプトを実行します。
  2. 下記いずれかのコマンドを入力し、Enterキーを押して実行します。
  3. start shell:AppsFolder\Microsoft.MSPaint_8wekyb3d8bbwe!Microsoft.MSPaint
    start ms-paint:
    mspaint /ForceBootstrapPaint3D

  4. 画像ファイルを指定して起動する場合は、上記の「ファイル名を指定して実行」と同様に「ForceBootstrapPaint3D」オプションを付けてmspaintを実行します。
  5. mspaint "(画像ファイルのパス)" /ForceBootstrapPaint3D

ペイント 3Dの本体

ペイント 3Dの本体は「C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.MSPaint_2.1704.26037.0_x64__8wekyb3d8bbwe」フォルダにある「PaintStudio.View.exe」です。

ただし、Microsoft Edgeと同様にそのままダブルクリックしても実行できないので、ペイント 3Dを起動する際は、上記の通り「ms-paint:」やstartコマンドをご活用ください。

関連記事

  1. Windows 10

    Microsoft Edgeを起動するVBScript

    前回の記事の関連ですが、下記コードのようにShellExecuteメソ…

  2. Windows関連

    C#からWinium.Cruciatusを使ってみた。

    前回の記事では、Winium WebDriverを使ってメモ帳を操作し…

  3. Windows 10

    WinAppDriver UI Recorderを試してみました。

    下記記事にある通り、「WinAppDriver UI Recorder…

  4. Windows関連

    [Windows]「AppsFolder」のような特殊フォルダ名を取得する。

    レンタルサーバーのデータベース障害で、先日書いた記事が消え去ってしまっ…

  5. Windows 10

    【2017年8月版】起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード

    当ブログでは、EdgeからタイトルとURLを取得するコードについて、い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP