Windows 10

[Windows 10]OneDriveを無効にする。

前回の記事で、Windows 10のナビゲーションウィンドウにあるOneDriveを非表示にする方法を紹介しましたが、今回はOneDrive自体を無効にする方法を紹介します。

  1. Windows ロゴ キー + R キーを押して「ファイル名を指定して実行」コマンドを表示します。
  2. 名前欄に「gpedit.msc」と入力後「OK」ボタンをクリックします。
  3. DisableOneDrive_Windows10_01

  4. ローカル グループ ポリシー エディターが実行されるので、 ローカル コンピューター ポリシー → コンピューターの構成 → 管理用テンプレート → Windows コンポーネント → OneDrive から「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」をダブルクリックして開きます。
  5. DisableOneDrive_Windows10_02

  6. OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにするダイアログが表示されたら「有効」をチェックして「OK」ボタンをクリックします。
  7. DisableOneDrive_Windows10_03

  8. 念のためPCを再起動します。

以上の手順でOneDriveが無効になり、OneDriveアプリを実行しても起動しなくなります。
もちろん、ナビゲーションウィンドウにあるOneDriveも表示されなくなります。

ローカル グループ ポリシー エディターが使用できない場合は、下記レジストリを編集することでもOneDriveを無効にすることができます。

※ レジストリを編集する作業は自己責任で行ってください。

・キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\OneDrive
・エントリ:DisableFileSyncNGSC (REG_DWORD)
・値:1 (ポリシー有効) / 0 (ポリシー無効)

DisableOneDrive_Windows10_04

ただ、私が試した限りでは、一度ポリシーを有効にしてしまうと、再度ポリシーを「無効」や「未構成」に戻しても、ナビゲーションウィンドウのOneDriveは非表示になったままでした。

参考Webページ

・Windows 8.1 Tips 集 – OneDrive を無効にする – マイクロソフト コミュニティ
http://answers.microsoft.com/wiki/5cfd66f5-c09d-4165-8e13-d6b9ad7edc90

[Windows 10]ナビゲーションウィンドウにあるOneDriveを非表示にする。前のページ

[Windows 10]アップグレードせずにクリーンインストールしたらどうなるの?次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)(2)

    昨日の記事で、Microsoft Edgeを操作するVBAコードを改め…

  2. Windows 10

    起動中のMicrosoft EdgeからタイトルとURLを取得するC#コード(UI Automati…

    2017/8/18 追記:当記事のコードは現在動作しなくなっている…

  3. Windows関連

    VivoTab RT TF600TにWindows RT 8.1をインストールしました。

    Windows ストアからWindows RT 8.1がダウンロードで…

  4. Windows 10

    [Windows 10]画面スケッチを起動するショートカット

    前回の記事の関連です。前回はスケッチパッドを起動するショートカ…

  5. Windows 10

    Windows Insider Meetup in Japan 2019 東京に参加しました。

    Windows Insider向けのミートアップイベント「Window…

  6. Windows 10

    Chromium版のMicrosoft Edge Insiderを使ってみました。

    下記記事にある通り、Chromium版のMicrosoft Edgeが…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP