Office Scripts

[Office Scripts]Power AutomateでOneDriveにファイルがアップされたら自動的にスクリプトを実行する

下記記事でも書いている通り、Power AutomateにはOffice Scripts用のコネクタが用意されています。

Excelでの処理を自動化できるOffice Scripts、個人的には、真価を発揮するのはPower Automateとの連携だと思っています。

今回はその一例として、OneDriveにExcelファイルがアップされたら自動的にスクリプトを実行する、Power Automateのフローをご紹介します。

実行するスクリプト

まずは実行するスクリプトです。

3列目を和暦に変換するだけの簡単なスクリプトです。

対象ファイル

対象となるファイルは下図の通りで、「疑似個人情報データ生成サービス」で作成したダミーデータです。

OneDriveにExcelファイルがアップされたら自動的にスクリプトを実行するフロー

Power Automateのフローは下記の通りです。
ここでのポイントは、「スクリプトの実行」の「ファイル」として「ファイル識別子」を指定することです。

また、下記フローではExcelファイルのみを処理対象とするため、条件分岐を入れています。

  • トリガー:OneDrive(Business)の「ファイルが作成されたとき」
  • 条件:ファイル コンテンツの種類が「application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet」に等しい
  • はいの場合:スクリプトの実行

実行画面

実行画面は下図になります。

以上のように、Power AutomateのフローにOffice Scriptsを組み込むことができました。

Power Automateを利用することで、OneDriveはもちろん、Google ドライブやBox、Gmailといった、様々なWebサービスとの連携処理を、ローコードで簡単に行えます。

Excelの可能性が広がるOffice Scripts、皆様も是非お試しください!

関連記事

[Office Scripts]画像を追加する方法前のページ

Office Scriptsの使いどころ次のページ

関連記事

  1. Office Scripts

    Microsoft 365 Virtual Marathon 2022でOffice スクリプトにつ…

    Microsoft 365に関するグローバルなイベント「Microso…

  2. Office アドイン

    [Office Scripts]押さえておきたい基本的なポイント

    Office Scriptsでコードを書くにあたり、ハマりそうなポイン…

  3. Office アドイン

    Office Scriptsってどんな機能?

    昨年の11月、Ignite 2019で発表されたオンライン版Excel…

  4. Power Automate

    Google Apps ScriptとPower Automateの連携事例紹介

    今回の記事は、ガイアックスさん主催のイベント「Google Apps …

  5. Office Scripts

    [Office Scripts]ヘッダーとフッターを設定する方法

    Office Scriptsでは、下記のような手順でシートのヘッダーと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP