Office 365

Power AutomateのUIフローを試してみました。

※2019年11月時点では、UIフローはまだプレビュー版であり、今後、画面や操作方法等が変更される可能性があります。

下記記事の通り、Ignite 2019で「Microsoft Power Automate」(旧名:Microsoft Flow)が発表されたので、さっそく試してみました。

必要なソフトのインストール

Chromium版Microsoft Edgeのインストール

Microsoft Edge Insider ChannelsからChromium版Edgeをダウンロードし、インストールを行います。

私が試したときのバージョンは【80.0.320.4 (公式ビルド) dev (64 ビット)】(Dev チャネル)でした。

UI フローアプリのインストール

UIフローの記録や編集、テストに必要なコンポーネントが含まれた「UI フローアプリ」をダウンロードし、インストールを行います。

Selenium IDEのインストール

Chromium版EdgeでChrome ウェブストアにアクセスし、拡張機能である「Selenium IDE」を追加します。

拡張機能の有効化

Chromium版Edgeで拡張機能の設定画面(edge://extensions)を開き、「Microsoft Flow」と「Selenium IDE」を有効にします。

2019/11/11 追記:
ChromeでMicrosoft Flowの拡張機能がインストールされない、との報告がありました。
その場合は下記Chrome ウェブストアから手動での追加をお試しください。

試用環境の準備

UI フローアプリや拡張機能の準備が終わったら、試用アカウントを作成します。

  1. Microsoft Flowサイト下部に使用するメールアドレスを入力し、「無料でサインアップ」ボタンをクリックします。
  2. 画面の指示に従ってサインアップを進めると、Flowのホーム画面が表示されます。
  3. 「マイ フロー」から「UI フロー (プレビュー)」を開いても、“まだ CDS サブスクリプションがありません。UI フロー (プレビュー) の自動化を作成するには、まず適切なプランを選択してください。”メッセージが表示されます。
  4. 「データ」から「エンティティ」を開くと、PowerAppsの「ソリューション」画面が表示されるので、「新しい環境の作成」ボタンをクリックします。
  5. 環境名、地域(日本)、環境の種類(試用版)を選択し、「環境の作成」ボタンをクリックします。
  6. 環境の作成後、続けて「データベースの作成」ボタンをクリックし、データベースを作成します。
  7. 通貨(JPY)、言語(Japanese)を選択し、「自分のデータベースを作成」ボタンをクリックします。
  8. 1か月間試用できる環境が作成されました。
  9. 再びFlowの画面に戻り、手順5.で作成した環境に切り替えます。
  10. マイ フロー → 「UI フロー (プレビュー)」から、UIフローを作成できるようになりました。

UIフローの作成(Webアプリ)

これでようやく準備ができたので、実際にUIフローを作成してみます。

  1. マイ フロー → UI フロー (プレビュー)から、「UI フローの作成」ボタンをクリックします。
  2. 今回はWebアプリの操作を行いたいので、「Web アプリ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  3. フロー名とベースURL(https://www.yahoo.co.jp/)を入力し、「レコーダーの起動」ボタンをクリックします。
  4. Selenium IDEが起動するので、「Start recording」ボタンをクリックして作業の記録を行います。
  5. Stop recording」ボタンをクリックすると、作業の記録が終了します。
  6. Run all tests」ボタンをクリックすると、記録した作業を再生して動作確認することができます。
  7. Save project」ボタンをクリックして、プロジェクトを保存します。
  8. UIフローが作成されます。

フローの作成までできたので、とりあえず今日はここまで。
作成したUIフローは下記動画のように活用できるみたいです。

もうちょっとPower Automateに慣れてきたら挑戦してみたいと思います。

参考Webサイト


2019/11/13 追記:
デスクトップアプリのレコーディング中にエラーが発生したことについて記事を書きました。

関連記事

  1. Office関連

    Visio Onlineの機能をJavaScriptで拡張する方法

    @mokudaiさんからのバトンを引き継ぎまして、「Office 36…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(R)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    Office 365 Soloをインストールしみてました。

    2014年10月17日、Microsoftの新しいOffice製品「O…

  4. Office アドイン

    Office アドインの概要と開発方法を学ぶための自習書

    2018年10月27日(土)、品川の日本マイクロソフト本社で「2018…

  5. Office関連

    [Office 365 Solo]日本語環境以外では使えるの?

    Office 365 Soloを使ってみて、疑問に思ったことの一つが“…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP