Office関連

コンテンツコントロールに外部XMLのデータをマップするWordマクロ

Word 2007で追加された機能「コンテンツコントロール」を使うと外部データソースのデータマッピングが簡単にできます。
今回はこのコンテンツコントロールに外部のXMLファイルのデータをマッピングする方法を紹介します。

まずは、元になるXMLファイルと対象となる文書の準備です。

・C:\Test\Customer.xml

<?xml version="1.0"?>
<Customer>
  <CompanyName>株式会社ka-net</CompanyName>
  <ContactName>きぬあさ</ContactName>
  <ContactTitle>経理部長</ContactTitle>
  <Phone>12-3456-7890</Phone>
</Customer>

・Word文書に下図のようなテーブルを挿入します。

次にコンテンツコントロール(今回はテキスト コンテンツ コントロール)を文書に追加します。
開発」タブから手動で追加することもできるのですが、今回はマクロで追加します。

Public Sub AddContentControls()
'コンテンツコントロールの挿入
  With ActiveDocument.Tables(1)
    .Cell(2, 2).Range.ContentControls.Add(wdContentControlText).SetPlaceholderText Text:="顧客名を入力してください。"
    .Cell(3, 2).Range.ContentControls.Add(wdContentControlText).SetPlaceholderText Text:="担当者名を入力してください。"
    .Cell(4, 2).Range.ContentControls.Add(wdContentControlText).SetPlaceholderText Text:="担当者の肩書きを入力してください。"
    .Cell(5, 2).Range.ContentControls.Add(wdContentControlText).SetPlaceholderText Text:="電話番号を入力してください。"
  End With
End Sub

上記コードを実行すると、テーブル内に下図のようにコンテンツコントロールが挿入されます。

最後にXMLのデータをマッピングするコードを実行します。

Public Sub SetXMLMap()
'コンテンツコントロールにXMLのデータをマッピング
  If ActiveDocument.CustomXMLParts.Add.Load("C:\Test\Customer.xml") Then 'カスタムXMLパーツを追加して外部XMLファイル読込
    'XPathを使用してデータをマッピング
    ActiveDocument.ContentControls(1).XMLMapping.SetMapping "/Customer/CompanyName"
    ActiveDocument.ContentControls(2).XMLMapping.SetMapping "/Customer/ContactName"
    ActiveDocument.ContentControls(3).XMLMapping.SetMapping "/Customer/ContactTitle"
    ActiveDocument.ContentControls(4).XMLMapping.SetMapping "/Customer/Phone"
  End If
End Sub

上記コードは、文書内のCustomXMLPartsコレクションに新しいCustomXMLPartオブジェクトを追加して、各コンテンツコントロールにXMLファイルから読み込んだデータをXPathでマッピングする処理を行います。

以上のように、コンテンツコントロールを活用すると外部のデータとの連携が簡単にできるので、テンプレートはWord文書だけど中のデータは外部データから持ってきたい、という場合には役立つ処理だろうと思います。

関連記事

  1. Office関連

    Trello APIを使ってカードを投稿するVBAマクロ

    以前Fiddlerを使ってTrello APIを実行する記事を書きまし…

  2. Office関連

    [VBA]CommandBars(“○○”).Controls.Addでメニ…

    Officeのユーザインタフェースがリボンに変わってから、下記のように…

  3. Office関連

    手軽に参照設定するためのVBAアドイン

    thom氏のブログで面白い記事がありました。・VBA 参照…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]コピー&ペースト用マニフェストファイル

    Office 用アプリを作るとき、過去に作ったアプリのマニフェストファ…

  5. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(H)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  6. Windows 10

    SeleniumBasic(Selenium VBA)がMicrosoft Edgeに対応しました。…

    言わずと知れたWebブラウザーの自動制御ツール「Selenium」のV…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP