Google関連

【2018年9月版】Google API ConsoleでクライアントIDとクライアントシークレットを取得する方法

GoogleのAPIを呼び出すにあたり、クライアントIDとクライアントシークレットが必要な場合があります。
当ブログでもその取得方法についていくつか記事を書いてきたのですが(下記参照)、管理画面のUIの変更により、古い情報が使えなくなることがよくあります。

そこで今回は2018年9月時点での、Google API Consoleでローカルアプリケーション用のクライアントIDとクライアントシークレットを取得する方法についてまとめてみたいと思います。

  1. Google API Console(https://console.cloud.google.com/apis/)にアクセスし、Google アカウントでログインします。
  2. プロジェクトの選択」プルダウンをクリックします。
  3. プロジェクトの選択画面が表示されたら「新しいプロジェクト」ボタンをクリックします。既存のプロジェクトを使用する場合は、使用するプロジェクト名をクリックして手順7.に進んでください。
  4. 新しいプロジェクト画面が表示されたら、プロジェクト名を入力し、「作成」ボタンをクリックします。
  5. プロジェクトが作成されるまで1,2分待ちます。
  6. プロジェクトの選択」プルダウンから、作成したプロジェクトを選択します。
  7. ダッシュボード画面が表示されたら「認証情報」をクリックします。
  8. 認証情報画面が表示されたら「OAuth 同意画面」をクリックします。
  9. ユーザーに表示するサービス名」を入力し、「保存」ボタンをクリックします。
  10. 認証情報画面を表示し、「認証情報を作成」プルダウンから「OAuth クライアント ID」を選択します。
  11. OAuth クライアント ID の作成画面が表示されたら、「アプリケーションの種類」を選択します。今回はローカルアプリケーションを想定しているため、「その他」を選択し、名前を入力後、「作成」ボタンをクリックします。
  12. OAuth クライアント画面に「クライアント ID」と「クライアント シークレット」が表示されるので、忘れないようにメモ帳等にコピー&ペーストしておきます。

以上で作業は終了です。
実際にAPIを呼び出す際は、必要に応じてAPIライブラリ(https://console.developers.google.com/apis/library)から使用するAPIを有効にしてください。

関連記事

  1. Google関連

    [Google Apps Script]jQuery UIのDatepickerを使ってスプレッドシ…

    「この記事のようにjQuery UIのDatepickerを使ってスプ…

  2. Excel

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ

    「「Gmail API」β版公開、連動アプリ開発を支援」にもあるように…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]選択中のスライドに対してのみ処理を行う

    以前、Google スライドですべてのスライドに対して処理を行う方法に…

  4. Google関連

    [Google Apps Script]Google ドライブにある画像をスライドに挿入する

    最近取り扱っているGoogle Apps ScriptによるGoogl…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]選択文字列を翻訳する

    Google Apps Scriptでドキュメント上で選択している…

  6. Google関連

    「Save to Drive」ボタンを試してみました。

    下記Webページでも紹介されていますが、Webサイト上のファイルを直接…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP