Office関連

選択中の表の行数を取得するWordマクロ

Word VBA 表 行数」といったキーワード検索でのアクセスがありました。

Wordマクロで表の行数を取得する方法を調べている方からのアクセスだと思いますが、実は表の行数はRows オブジェクトCount プロパティを使って簡単に取得することができます。

Public Sub CountSelTableRows()
  With Selection.Tables
    If .Count > 0 Then
      MsgBox "カーソル位置の表の行数は「" & .Item(1).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    End If
  End With
End Sub

たとえば上記コードを実行すると、カーソル位置にある表の行数をMsgBoxで表示します。

CountSelTableRows_01

逆に列数を調べたいときは「Columns.Count」のように、Columns オブジェクトを利用します。

下記のようにすれば、選択中の文書にある表の行数を順番に取得することもできるので、マクロで表の行数を取得したい場合には是非お試しください。

Public Sub CountTableRows()
  Dim i As Long
  
  With ActiveDocument.Tables
    For i = 1 To .Count
      MsgBox i & "番目の表の行数は「" & .Item(i).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    Next
  End With
End Sub

関連記事

  1. Office関連

    [PowerPoint]シェイプの名前を指定して「変形」ができるようになりました。

    PowerPoint 2016で新しい画面切り替え効果「変形」が追加さ…

  2. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    「Microsoft Edge VBA 操作」こういったキーワード検索…

  3. Office関連

    PowerShellからNetOfficeを使ってExcelを操作する方法

    先日、Excel MVPの伊藤さんがPowerShellからExcel…

  4. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]グループの表示・非表示をトグルボタンで切り替える。

    数年前に書いた記事に下記コメントをいただきました。Excelに…

  5. Office関連

    「2014年12月のWindows Update以降コマンドボタンが使えなくなった」トラブルへのFi…

    当ブログでも「KB2553154の更新プログラムをアンインストールする…

  6. Office関連

    ExcelとPowerPointに自動保存機能が追加されました。

    Excel 2016を使っていて、ふと気が付いたのが画面左上にある「自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP