Office関連

選択中の表の行数を取得するWordマクロ

Word VBA 表 行数」といったキーワード検索でのアクセスがありました。

Wordマクロで表の行数を取得する方法を調べている方からのアクセスだと思いますが、実は表の行数はRows オブジェクトCount プロパティを使って簡単に取得することができます。

Public Sub CountSelTableRows()
  With Selection.Tables
    If .Count > 0 Then
      MsgBox "カーソル位置の表の行数は「" & .Item(1).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    End If
  End With
End Sub

たとえば上記コードを実行すると、カーソル位置にある表の行数をMsgBoxで表示します。

CountSelTableRows_01

逆に列数を調べたいときは「Columns.Count」のように、Columns オブジェクトを利用します。

下記のようにすれば、選択中の文書にある表の行数を順番に取得することもできるので、マクロで表の行数を取得したい場合には是非お試しください。

Public Sub CountTableRows()
  Dim i As Long
  
  With ActiveDocument.Tables
    For i = 1 To .Count
      MsgBox i & "番目の表の行数は「" & .Item(i).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    Next
  End With
End Sub

[OneNote]クリップボードから新しいページに貼り付け前のページ

2014年9月の人気記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Google スライドで新規プレゼンテーションを作成するVBAマクロ

    ここ数日PowerPointのマクロに加え、Google Apps S…

  2. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]ユーザー名により表示するメニューを切り替える。

    今回はリボンをカスタマイズして、ファイルを開いたユーザー名によって表示…

  3. Office関連

    「クイックアクセスツールバーからPowerPointマクロを実行するアドイン」のコード

    2年ほど前に書いたPowerPointマクロの記事「クイックアクセスツ…

  4. Office関連

    Excel 2013 新関数一覧

    「関数一覧(Excel 2010)」と「関数一覧(Excel 2013…

  5. Office関連

    「図のリセット」を実行するExcelマクロ

    Msdn フォーラムに「Excel2010-VBA 画像「図の書式設定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP