Office関連

選択中の表の行数を取得するWordマクロ

Word VBA 表 行数」といったキーワード検索でのアクセスがありました。

Wordマクロで表の行数を取得する方法を調べている方からのアクセスだと思いますが、実は表の行数はRows オブジェクトCount プロパティを使って簡単に取得することができます。

Public Sub CountSelTableRows()
  With Selection.Tables
    If .Count > 0 Then
      MsgBox "カーソル位置の表の行数は「" & .Item(1).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    End If
  End With
End Sub

たとえば上記コードを実行すると、カーソル位置にある表の行数をMsgBoxで表示します。

CountSelTableRows_01

逆に列数を調べたいときは「Columns.Count」のように、Columns オブジェクトを利用します。

下記のようにすれば、選択中の文書にある表の行数を順番に取得することもできるので、マクロで表の行数を取得したい場合には是非お試しください。

Public Sub CountTableRows()
  Dim i As Long
  
  With ActiveDocument.Tables
    For i = 1 To .Count
      MsgBox i & "番目の表の行数は「" & .Item(i).Rows.Count & "」です。", vbSystemModal
    Next
  End With
End Sub

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]画像を挿入する。

    DocumentオブジェクトのsetSelectedDataAsync…

  2. Office関連

    Excel 2013で駅すぱあとWebサービス APIの「経路探索」を使ってみました。

    「「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。」で…

  3. Office関連

    「最速攻略 Wordマクロ/VBA徹底入門」レビュー

    いつもお世話になっているExcel MVPの伊藤さんに9月20日発売予…

  4. Office関連

    Outlookの連絡先をvcf形式で一括保存する方法

    Outlookの連絡先をvcf形式で保存する場合、通常は「連絡先を v…

  5. Office関連

    [VBA]ファイルタブ(Backstage ビュー)の表示を禁止する。

    数年前ホームページで「ファイルタブボタンのクリックを禁止する(Offi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP