Office関連

PowerPoint 2013で追加された図形関連のイベント

What’s new for PowerPoint 2013 developers」でも紹介されていますが、PowerPoint 2013ではApplicationオブジェクトに「AfterShapeSizeChange」と「AfterDragDropOnSlide」という2つの図形関連のイベントが追加されました。

AfterShapeSizeChangeイベントはスライド上の図形のサイズが変更されたときに、AfterDragDropOnSlideイベントはスライド上に図形がドロップされたときに発生するイベントで、使い方は下記のコードのようになります。

'Slide1モジュール
Option Explicit

Private WithEvents App As PowerPoint.Application

Public Sub Sample()
  Set App = Application
End Sub

Private Sub App_AfterShapeSizeChange(ByVal shp As Shape)
  Debug.Print shp.Name
End Sub

Private Sub App_AfterDragDropOnSlide(ByVal Sld As Slide, ByVal X As Single, ByVal Y As Single)
  Debug.Print Sld.Name, X, Y
End Sub

※ Slideモジュールの使い方は「[PowerPoint]Applicationオブジェクトのイベントを利用する」参照。

ただ、PowerPoint MVPのShyam Pillai氏も自身のサイトで仰っているのですが、AfterShapeSizeChangeイベントの方は上手く動作するのですがAfterDragDropOnSlideイベントの方は上手く動作しません

私の方でもイメージファイルをスライド上にドラッグ&ドロップしたり、色々と試してみたのですが、イベントが発生しないのでこのイベントをどのように利用するのか分からないのが現状です。
動作させる条件か何かがあるのかもしれませんが、そちらについては引き続き調べていきたいと思います。

関連記事

  1. Office関連

    コントロールID 一覧(Office 2013)

    2013/03/25 追記:Office 2013のコントロールI…

  2. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(O)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  3. Office関連

    PowerPointのマクロを共有化して使う方法

    記事のタイトルだけ見るとちょっと分かりづらいですが、要するにWordの…

  4. Office関連

    Excel 2013で駅すぱあとWebサービス APIの「経路探索」を使ってみました。

    「「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。」で…

  5. Office関連

    [リボン・カスタマイズ]splitButton要素で大量にある項目を使いやすくまとめる。

    「既存の機能の代わりにマクロを実行する」でコメント(下記)をいただきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP