Google関連

[Google Apps Script]すべてのスライド上のすべてのシェイプに対して処理を行う

今回もGoogle Apps Script(Google スライド)ネタです。
今回はすべてのスライド上にあるすべてのシェイプに対して処理を行うコードです。Google スライドでスクリプトを実行する方法については下記記事をご参照ください。

function myFunction() {
  var slides = SlidesApp.getActivePresentation().getSlides();
  slides.forEach(function(slide) {
    slide.getShapes().forEach(function(shape) {
      SlidesApp.getUi().alert(shape.getText().asString());
    });
  });
}

上記コードを実行すると、各スライド上にある各シェイプから文字列を取得し、メッセージボックスで表示していきます。

処理は単純で、下記のような流れで文字列を取得しています。

Presentation.getSlidesメソッドでスライドを配列として取得

forEach文でループ

Slide.getShapesメソッドでシェイプを配列として取得

forEach文でループ

Shape.getTextメソッドでTextRange取得

TextRange.asStringメソッドで文字列取得

コードを一部変更すれば、すべてのシェイプのフォントを変更する処理も簡単に実行できます。

function myFunction() {
  var slides = SlidesApp.getActivePresentation().getSlides();
  slides.forEach(function(slide) {
    slide.getShapes().forEach(function(shape) {
      //各シェイプのフォントを「Kosugi」に変更
      shape.getText().getTextStyle().setFontFamily("Kosugi");
    });
  });
  SlidesApp.getUi().alert("処理が終了しました。");
}

関連記事

  1. Google関連

    「Save to Drive」ボタンを試してみました。

    下記Webページでも紹介されていますが、Webサイト上のファイルを直接…

  2. Google関連

    [Google Apps Script]選択中のスライドに対してのみ処理を行う

    以前、Google スライドですべてのスライドに対して処理を行う方法に…

  3. Google関連

    [Google Apps Script]サイドバーを表示する

    Google Apps Scriptでサイドバーを表示します。…

  4. Word

    GoogleとYahoo!で同時に翻訳するWordマクロ

    「Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ」と「Yahoo!翻訳で文字…

  5. Google関連

    [Google Apps Script]Webアプリケーションを作成する。

    Google Apps Scriptではスプレッドシートや文書上で動く…

  6. Google関連

    [Google Apps Script]OAuth認証(2.0)が必要なWeb APIを利用する。

    前回の記事ではGoogle Apps Scriptを使ってWebアプリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP