Office関連

「個人用テンプレートの既定の場所」を設定するWordマクロ

前回の記事で、Word 2013で個人用テンプレート(カスタム テンプレート)を利用する場合は「個人用テンプレートの既定の場所」を設定する必要があることを説明しましたが、今回はその手順を自動的に行うためのWordマクロを紹介します。

Option Explicit

Public Sub SetPersonalTemplatesFolder()
  System.PrivateProfileString("", "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options", "PersonalTemplates") = Application.Options.DefaultFilePath(wdUserTemplatesPath)
End Sub

コードを見れば分かる通り「個人用テンプレートの既定の場所」は通常下記レジストリーに記録されています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options\PersonalTemplates

上記コードは、OptionsオブジェクトのDefaultFilePathプロパティから取得したテンプレートフォルダーのパスを、SystemオブジェクトのPrivateProfileStringプロパティを使ってレジストリーに書き込む処理を行っています。

Word 2013の「個人用テンプレート」はどこ?前のページ

[Office用アプリ]日経パソコン 2013/8/26号 の記事次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Outlookの予定本文の一部を文字装飾するVBAマクロ

    Outlookの予定本文の一部をマクロで太字にしたい」との質問がありま…

  2. Office関連

    SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するWordマクロ

    無料で使える便利なクラウドストレージ「SkyDrive」にはローカルフ…

  3. Office関連

    WordやExcelでミニ ツール バーを非表示(無効)にする。

    WordやExcel、PowerPointといったOffice製品で文…

  4. Office関連

    Computer Vision APIを使って画像から文字列を取得するVBAマクロ

    前々回の記事で、Fiddlerを使ってMicrosoft Cognit…

  5. Office関連

    RESAS-APIをVBAから呼び出す方法

    下記記事の通り「地域経済分析システム RESAS」のAPIが公開された…

  6. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(1)

    2015年4月に公開されたOffice Teamのブログ記事「Toda…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 8月 19日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP