Office関連

「個人用テンプレートの既定の場所」を設定するWordマクロ

前回の記事で、Word 2013で個人用テンプレート(カスタム テンプレート)を利用する場合は「個人用テンプレートの既定の場所」を設定する必要があることを説明しましたが、今回はその手順を自動的に行うためのWordマクロを紹介します。

Option Explicit

Public Sub SetPersonalTemplatesFolder()
  System.PrivateProfileString("", "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options", "PersonalTemplates") = Application.Options.DefaultFilePath(wdUserTemplatesPath)
End Sub

コードを見れば分かる通り「個人用テンプレートの既定の場所」は通常下記レジストリーに記録されています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options\PersonalTemplates

上記コードは、OptionsオブジェクトのDefaultFilePathプロパティから取得したテンプレートフォルダーのパスを、SystemオブジェクトのPrivateProfileStringプロパティを使ってレジストリーに書き込む処理を行っています。

Word 2013の「個人用テンプレート」はどこ?前のページ

[Office用アプリ]日経パソコン 2013/8/26号 の記事次のページ

関連記事

  1. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)(2)

    昨日の記事で、Microsoft Edgeを操作するVBAコードを改め…

  2. Office関連

    Office文書をパスワード付きPDFに変換するVBAマクロ

    4年ほど前に書いた、下記記事のマクロがWordでも使えるか?との質問を…

  3. Office関連

    Officeアプリケーションの「最近使用したファイル」を削除するVBScript

    WordやExcel等のOfficeアプリケーションでは、下記サイトに…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(NUM)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(E)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  6. Office関連

    Computer Vision APIを使って画像から文字列を取得するVBAマクロ

    前々回の記事で、Fiddlerを使ってMicrosoft Cognit…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 8月 19日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP