Office関連

「個人用テンプレートの既定の場所」を設定するWordマクロ

前回の記事で、Word 2013で個人用テンプレート(カスタム テンプレート)を利用する場合は「個人用テンプレートの既定の場所」を設定する必要があることを説明しましたが、今回はその手順を自動的に行うためのWordマクロを紹介します。

Option Explicit

Public Sub SetPersonalTemplatesFolder()
  System.PrivateProfileString("", "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options", "PersonalTemplates") = Application.Options.DefaultFilePath(wdUserTemplatesPath)
End Sub

コードを見れば分かる通り「個人用テンプレートの既定の場所」は通常下記レジストリーに記録されています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options\PersonalTemplates

上記コードは、OptionsオブジェクトのDefaultFilePathプロパティから取得したテンプレートフォルダーのパスを、SystemオブジェクトのPrivateProfileStringプロパティを使ってレジストリーに書き込む処理を行っています。

関連記事

  1. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(2)

    前回の記事でGmail APIを使ってメールを送信するVBAマクロを紹…

  2. Office関連

    [OneNote]クリップボードから新しいページに貼り付け

    何かをメモするとき、ファイルを保存するとき等々、私はよくOneNote…

  3. Office関連

    オフライン版のOffice 2016 VBAリファレンスが公開されました。

    「ヘルプファイル版のOffice 2013開発者用リファレンスが公開さ…

  4. Office関連

    PDFを他のファイル形式に変換するVBAマクロ

    「PDF 変換 Word VBA」といったキーワード検索でのアクセスが…

  5. Office関連

    ランダムな文字列を生成するVBAマクロ

    文字数を指定して0-9,A-Zまでのランダムな文字列を生成するマクロで…

  6. Office アドイン

    [Office用アプリ]OneNote Clipperをアプリから使う。

    先日Chrome版が公開された、「OneNote Clipper」です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 8月 19日

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP