Office関連

未読アイテムの件数を取得するOutlookマクロ

Outlook 未読 件数 マクロ」といったキーワード検索でのアクセスがありました。Outlookのマクロで、未読アイテムの件数を調べたい方からのアクセスだと思います。

下記記事でも書いていますが、OutlookのFolderオブジェクトには、そのものずばりなUnReadItemCountプロパティが用意されているので、こちらを使えば一発で未読アイテムの件数を取得することができます(下記コードでは受信トレイフォルダー(olFolderInbox)を指定しています)。

Public Sub Sample001()
  MsgBox "未読アイテム数:" & Application.GetNamespace("MAPI") _
                              .GetDefaultFolder(olFolderInbox) _
                              .UnReadItemCount, vbInformation + vbSystemModal
End Sub

もし、個々の未読アイテムに対して何らかの処理を実行したい場合は、UnReadプロパティを使うことで、未読か既読かを判別することができます。

例えば未読メールに対してのみ処理を行う場合は、下記のようなコードになります。

Public Sub Sample002()
  Dim itm As Object
  
  With Application.GetNamespace("MAPI").GetDefaultFolder(olFolderInbox)
    For Each itm In .Items
      Select Case LCase(TypeName(itm))
        Case "mailitem" 'MailItemのみ処理
          '未読メールのみ処理
          If itm.UnRead = True Then
            Debug.Print itm.Subject
          End If
      End Select
    Next
  End With
End Sub

【感想】僕と君の大切な話4巻前のページ

ユーザー設定フォームに基づいてメールを作成するOutlookマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    ClosedXMLやEPPlusでExcelファイルを読み書きしてみた。

    今回の記事の発端は下記のQiita投稿。・Excelファイ…

  2. Office関連

    PowerPoint 2013でYouTubeの動画を挿入する。

    2014/5/23 追記:いつの間にか「ビデオの挿入ダイアログ」が…

  3. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(3)

    前々回の記事でOffice 365とAzure ADの紐づけを、前回の…

  4. Office関連

    「文書のスタイル」を設定するWordマクロ

    Wordのオプション画面 → 文章校正 → Word のスペル チェッ…

  5. Office関連

    Trello APIを使ってカードを投稿するVBAマクロ

    以前Fiddlerを使ってTrello APIを実行する記事を書きまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP