Office関連

未読アイテムの件数を取得するOutlookマクロ

Outlook 未読 件数 マクロ」といったキーワード検索でのアクセスがありました。Outlookのマクロで、未読アイテムの件数を調べたい方からのアクセスだと思います。

OutlookのFolderオブジェクトには、そのものずばりなUnReadItemCountプロパティが用意されているので、こちらを使えば一発で未読アイテムの件数を取得することができます(下記コードでは受信トレイフォルダー(olFolderInbox)を指定しています)。

Public Sub Sample001()
  MsgBox "未読アイテム数:" & Application.GetNamespace("MAPI") _
                              .GetDefaultFolder(olFolderInbox) _
                              .UnReadItemCount, vbInformation + vbSystemModal
End Sub

もし、個々の未読アイテムに対して何らかの処理を実行したい場合は、UnReadプロパティを使うことで、未読か既読かを判別することができます。

例えば未読メールに対してのみ処理を行う場合は、下記のようなコードになります。

Public Sub Sample002()
  Dim itm As Object
  
  With Application.GetNamespace("MAPI").GetDefaultFolder(olFolderInbox)
    For Each itm In .Items
      Select Case LCase(TypeName(itm))
        Case "mailitem" 'MailItemのみ処理
          '未読メールのみ処理
          If itm.UnRead = True Then
            Debug.Print itm.Subject
          End If
      End Select
    Next
  End With
End Sub

関連記事

  1. Excel

    Excel向けPower BI カスタム ビジュアル機能の紹介

    Power BI ブログの記事「Excel announces new…

  2. Office関連

    [Excel 2013]Web関数を使ってマッシュアップ

    以前書いた記事「Excel 2013で追加された「WEBSERVICE…

  3. Office関連

    PowerPointスライドショー終了後ファイルを閉じるVBAマクロ

    「Excel VBA PowerPoint スライドショー後閉じる」と…

  4. Office関連

    Office 2013のコントロールIDリストが更新されました。

    「コントロールID 一覧(Office 2013)」でも紹介しているO…

  5. Office関連

    図形の結合を行うPowerPoint マクロ(ExecuteMsoメソッド編)

    Excel MVPの伊藤さんのブログで、PowerPointの「図形の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP