Office関連

セル内の改行をカウントするExcelマクロ

Excel セルの内容 改行を数える VBA」といったキーワード検索でのアクセスがあったので、簡単な処理を考えてみました。

下記ページにもあるように、Excelはセル内の改行を文字コード LF (0A) として扱います。

・[XL2003] セル内の改行が「・」中点で表示される
http://support.microsoft.com/kb/822372/ja

そのため、セル内の改行を数える時はLF(vbLF)の数を調べれば良いわけです。
よく使われる方法としては、Split関数を使って対象となる文字列を分割し、UBound関数を使って配列の大きさを調べる方法があります。

Public Function COUNTLF(ByVal r As Excel.Range) As Long
  COUNTLF = UBound(Split(r.Value, vbLf))
End Function

コードとしては上記のような感じですね。
早速動きを確認してみると・・・

COUNTLF_01

ちゃんと目的の改行数が取得できているようです。
ただし、上記コードはあくまでも改行(LF)を数えるもので、文字列の折り返しには対応していませんので、その点は注意する必要があります。

Microsoft MVP 5 Years リングが届きました。前のページ

モヤさまのショウ君にいろいろ喋らせるVBAマクロ(1)次のページ

関連記事

  1. Office関連

    [Word 2013]表形式のデータ入力にはコレが便利!?「コンテンツ繰り返しコントロール」の紹介

    Wordにはユーザー入力フォームを作るのに便利な機能「コンテンツ コン…

  2. Office関連

    [Office用アプリ]開発ツール「Napa」のインストール方法

    Office 365にはブラウザー上で直接Office用アプリの開発が…

  3. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(P)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  4. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(H)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  5. Office アドイン

    [Office用アプリ]開発入門の記事を書かせていただきました。

    日経ソフトウエア 2014年3月号から連載の「Office用アプリ開発…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

※本ページはプロモーションが含まれています。

Translate

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP