Office関連

セル内の改行をカウントするExcelマクロ

Excel セルの内容 改行を数える VBA」といったキーワード検索でのアクセスがあったので、簡単な処理を考えてみました。

下記ページにもあるように、Excelはセル内の改行を文字コード LF (0A) として扱います。

・[XL2003] セル内の改行が「・」中点で表示される
http://support.microsoft.com/kb/822372/ja

そのため、セル内の改行を数える時はLF(vbLF)の数を調べれば良いわけです。
よく使われる方法としては、Split関数を使って対象となる文字列を分割し、UBound関数を使って配列の大きさを調べる方法があります。

Public Function COUNTLF(ByVal r As Excel.Range) As Long
  COUNTLF = UBound(Split(r.Value, vbLf))
End Function

コードとしては上記のような感じですね。
早速動きを確認してみると・・・

COUNTLF_01

ちゃんと目的の改行数が取得できているようです。
ただし、上記コードはあくまでも改行(LF)を数えるもので、文字列の折り返しには対応していませんので、その点は注意する必要があります。

関連記事

  1. Office関連

    文字列を横方向に移動するWordマクロ(WordBasic編)

    いつもお世話になっているWord MVPの新田さんが、まるでカニの動き…

  2. Office関連

    インストールされているアプリケーション一覧を取得するVBAマクロ

    端末にインストールされているアプリケーション名を調べる必要があったので…

  3. Office関連

    受信メールに対して自動的に返信するOutlookマクロ

    「Outlook VBA 自動返信」といったキーワード検索でのアクセス…

  4. Office関連

    Office 365 APIをVBAから呼び出す(2)

    前回の記事ではOffice 365とAzure ADの紐づけを行いまし…

  5. Office関連

    UIAutomationClient参照時にDLL読み込みエラーが発生した時の対処法

    マクロでダイアログやボタンの操作を行う時に便利なUI Automati…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP