Office関連

指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択するVBAマクロ

マクロから直接ファイルを開くこともできるけどファイルの操作はユーザーに任せたい、そんなときによく使うのが下記マクロです。
この記事で解説されている、EXPLORER.EXEの「/select」スイッチを使うことでファイルを選択しています。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  SelFileInExplorer "C:\wk\Test\あ い う え お\Test0 0 2.txt"
End Sub

Private Sub SelFileInExplorer(ByVal TargetFilePath As String)
'指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択する
  With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If .FileExists(TargetFilePath) = True Then
      Shell "EXPLORER.EXE /select,""" & TargetFilePath & """", vbNormalFocus
    End If
  End With
End Sub

「VBAで頑張れば自動化処理を書けなくはないけれど、メチャクチャ複雑になってしまう!」なんてときは、上記のような簡単なマクロに留めておいて、マクロでは厳しい処理をユーザーにお願いする、というのも実務上では大切だと思います。

関連記事

  1. Office アドイン

    Office用アプリ(apps for Office)の概要と開発方法

    当ブログでもカテゴリー:JavaScript API for Offi…

  2. リボン関連

    メモ帳だけでOutlook用アドインを作ってみる。

    「SharpDevelopでExcel用COMアドインを作成する方法」…

  3. Office関連

    [VBA]DataObjectを使ったクリップボード操作が上手くいかない場合の対処法

    VBAマクロからクリップボードを操作する場合、定番となっているのがDa…

  4. Office関連

    Data Explorerのフォーラム&ブログ

    前回の記事で紹介した「Data Explorer」ですが、すでにフォー…

  5. Office関連

    VBAプロジェクトを「展開する」VBAマクロ

    MSDNフォーラムに面白い質問がありました。VBE・プロジェクト …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP