Office関連

指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択するVBAマクロ

マクロから直接ファイルを開くこともできるけどファイルの操作はユーザーに任せたい、そんなときによく使うのが下記マクロです。
この記事で解説されている、EXPLORER.EXEの「/select」スイッチを使うことでファイルを選択しています。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  SelFileInExplorer "C:\wk\Test\あ い う え お\Test0 0 2.txt"
End Sub

Private Sub SelFileInExplorer(ByVal TargetFilePath As String)
'指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択する
  With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If .FileExists(TargetFilePath) = True Then
      Shell "EXPLORER.EXE /select,""" & TargetFilePath & """", vbNormalFocus
    End If
  End With
End Sub

「VBAで頑張れば自動化処理を書けなくはないけれど、メチャクチャ複雑になってしまう!」なんてときは、上記のような簡単なマクロに留めておいて、マクロでは厳しい処理をユーザーにお願いする、というのも実務上では大切だと思います。

Visio Onlineで図の作成・編集ができるようになりました。前のページ

外部アプリケーションのコンボボックスの内容を取得するVBAマクロのサンプル次のページ

関連記事

  1. Office関連

    KB2553154の更新プログラムをアンインストールするVBScript

    2014/12/11 追記:当記事で紹介しているのは更新プログラム…

  2. Office関連

    Office製品の開発者用リファレンス(ダウンロード版)

    Docs.comでまとめていたリンクなんですが、来月15日にすべて廃止…

  3. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(A)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  4. Office アドイン

    [Office用アプリ]Apps for Office サミット!で登壇しました。

    21日(土)に開催されたOffice 用アプリの勉強会「Apps fo…

  5. Office関連

    Microsoft Graph SDK for PHPを使ったAPIの呼び出しサンプル

    知らない間に(恐らくBuild 2017のタイミングに合わせて)Mic…

  6. Office アドイン

    [Office用アプリ]「ActiveViewChanged」イベントと「getActiveView…

    v1.1で追加された、ビューが変更された時に発生するイベント「Acti…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP