Office関連

指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択するVBAマクロ

マクロから直接ファイルを開くこともできるけどファイルの操作はユーザーに任せたい、そんなときによく使うのが下記マクロです。
この記事で解説されている、EXPLORER.EXEの「/select」スイッチを使うことでファイルを選択しています。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  SelFileInExplorer "C:\wk\Test\あ い う え お\Test0 0 2.txt"
End Sub

Private Sub SelFileInExplorer(ByVal TargetFilePath As String)
'指定したファイルをエクスプローラーで開いて選択する
  With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If .FileExists(TargetFilePath) = True Then
      Shell "EXPLORER.EXE /select,""" & TargetFilePath & """", vbNormalFocus
    End If
  End With
End Sub

「VBAで頑張れば自動化処理を書けなくはないけれど、メチャクチャ複雑になってしまう!」なんてときは、上記のような簡単なマクロに留めておいて、マクロでは厳しい処理をユーザーにお願いする、というのも実務上では大切だと思います。

関連記事

  1. Office関連

    Office 2013で追加・変更されたコントロールID

    2013/03/25 追記:Office 2013のコントロールI…

  2. アイコン一覧

    Office 365アイコン(imageMso)一覧(J)

    Office 365のデスクトップ版Officeアプリケーション(Wo…

  3. Office関連

    ドラッグ&ドロップでExcelのアドインを登録するVBScript

    「ドラッグ&ドロップでWordのテンプレートを登録・解除する(VBS)…

  4. Office関連

    64ビット環境かどうかを判別するVBAマクロ

    2年以上前にMicrosoft Community(当時はMicros…

  5. Office関連

    Excel 2013で駅すぱあとWebサービス APIの「経路探索」を使ってみました。

    「「駅すぱあとWebサービス API無償提供」を利用してみました。」で…

  6. Office関連

    ExcelのWebクエリからのアクセス情報

    mougに面白い質問がありました。・Querytables.a…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP