Office関連

SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するWordマクロ

無料で使える便利なクラウドストレージ「SkyDrive」にはローカルフォルダーとSkyDrive上のフォルダーを簡単に同期するためのデスクトップアプリが用意されています。

今回はこのデスクトップアプリで同期設定をしている、ローカルフォルダーのパスを取得するWordマクロを紹介します。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim s As String
  
  s = "" '初期化
  s = GetSkyDriveUserFolder
  If Len(Trim(s)) < 1 Then
    MsgBox "SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得できません。", vbCritical + vbSystemModal
  Else
    MsgBox "SkyDriveの同期フォルダーのパスは以下になります。" & vbCrLf & vbCrLf & s, vbInformation + vbSystemModal
  End If
End Sub

Private Function GetSkyDriveUserFolder() As String
'SkyDrive デスクトップ アプリの同期フォルダーのパス取得
  GetSkyDriveUserFolder = System.PrivateProfileString("", "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SkyDrive", "UserFolder")
End Function

上記マクロでは「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SkyDrive\UserFolder」に記録されている同期フォルダーのパスをSystemオブジェクトのPrivateProfileStringプロパティを使って取得しています。

■ 関連Webページ

・SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するマクロ
//www.ka-net.org/blog/?p=3508

[Office用アプリ]Mashup Awards 9にOffice 用アプリで応募できる!?前のページ

SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Officeの新製品発売記念イベントに参加してきました。

    今月16日に開催された、Officeの新しい製品の発売記念イベント「平…

  2. Office関連

    [PowerPoint]Applicationオブジェクトのイベントを利用する

    PowerPointのApplicationオブジェクトには、スライド…

  3. Windows 10

    【2017年1月版】Microsoft Edgeを操作するVBAマクロ(DOM編)

    「Microsoft Edge VBA 操作」こういったキーワード検索…

  4. Office関連

    Acrobatを利用してPDFファイルのページ数を取得するVBAマクロ

    前回の記事ではPowerShell+iTextSharp、前々回の記事…

  5. Office関連

    クイックアクセスツールバーから履歴を表示するWordテンプレート

    Word MVPの新田さんのブログで「【Word 2013】クイックア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP