Office関連

SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するWordマクロ

無料で使える便利なクラウドストレージ「SkyDrive」にはローカルフォルダーとSkyDrive上のフォルダーを簡単に同期するためのデスクトップアプリが用意されています。

今回はこのデスクトップアプリで同期設定をしている、ローカルフォルダーのパスを取得するWordマクロを紹介します。

Option Explicit

Public Sub Sample()
  Dim s As String
  
  s = "" '初期化
  s = GetSkyDriveUserFolder
  If Len(Trim(s)) < 1 Then
    MsgBox "SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得できません。", vbCritical + vbSystemModal
  Else
    MsgBox "SkyDriveの同期フォルダーのパスは以下になります。" & vbCrLf & vbCrLf & s, vbInformation + vbSystemModal
  End If
End Sub

Private Function GetSkyDriveUserFolder() As String
'SkyDrive デスクトップ アプリの同期フォルダーのパス取得
  GetSkyDriveUserFolder = System.PrivateProfileString("", "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SkyDrive", "UserFolder")
End Function

上記マクロでは「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SkyDrive\UserFolder」に記録されている同期フォルダーのパスをSystemオブジェクトのPrivateProfileStringプロパティを使って取得しています。

■ 関連Webページ

・SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するマクロ
//www.ka-net.org/blog/?p=3508

[Office用アプリ]Mashup Awards 9にOffice 用アプリで応募できる!?前のページ

SkyDriveの同期フォルダーのパスを取得するマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    Excel REST APIをVBAから呼び出す方法

    「Microsoft GraphをVBAから呼び出してOneNoteの…

  2. Excel

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

  3. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(K,L)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  4. Office関連

    Excelを別インスタンスで起動する方法

    「Excel 別インスタンス 起動」といったキーワード検索でのアクセス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Translate

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanJapaneseKoreanRussianSpanish

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP