Office関連

UIAutomationClient参照時にDLL読み込みエラーが発生した時の対処法

マクロでダイアログやボタンの操作を行う時に便利なUI Automationですが、環境によってはUIAutomationClient(UIAutomationCore.dll)参照時に「DLL 読み込み時のエラーです。」とのエラーが発生する場合があるようです。

UIAutomation_01_01

そんなときは、下記の手順で参照できるようになります。

※ 下記手順は32ビット環境を対象にしています。

  1. VBE(Visual Basic Editor)を開きます。
  2. ツールメニューから「参照設定」を実行します。
  3. 参照設定ダイアログが表示されるので、「UIAutomationClient」を選択します。
  4. 場所」欄に表示されているUIAutomationCore.dllファイルがあるフォルダ(下図ではドキュメントフォルダ)を開きます。
  5. UIAutomation_01_02

  6. %Systemroot%\System32」フォルダにある「UIAutomationCore.dll」ファイルを、手順4.で開いた場所欄のフォルダ(今回の例ではドキュメントフォルダ)にコピーします。
  7. UIAutomation_01_03

  8. 手順1.から3.を参考に、「UIAutomationClient」の参照設定を行います。
  9. UIAutomation_01_04

レジストリ エディタでUIAutomationCore.dllのパスを書き換える方法もありますが、レジストリを弄ることになるので、今回はファイルコピーでの対処方法を紹介しました。

■ 参考Webページ

・「ファイルのダウンロード」のダイアログが表示されたことを判断したい
http://www.moug.net/faq/viewtopic.php?t=68303

[Outlook VBA]最小化起動時にApplication.Startupイベントが発生しない。前のページ

リボンのタブを選択するVBAマクロ次のページ

関連記事

  1. Office関連

    アクティブなIEのタブを閉じるVBAマクロ

    「VBA アクティブ IE タブ 閉じる」といったキーワード検索でのア…

  2. Office関連

    [Excel Services ECMAScript]アクティブなシート名を取得する。

    埋め込んだExcelワークブックのアクティブなシート名を取得するコード…

  3. Office関連

    Acrobat XIを操作してテキスト認識操作を行うVBAマクロ

    マクロからAcrobatを操作する場合「PDFファイル上のフィールドの…

  4. Office関連

    ConvertToTextメソッドを使ってテーブルを二次元配列に変換するWordマクロ

    WordのTableオブジェクトには、テーブルを解除して文字列に変換す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP