Office関連

「カレンダーから日付入力」をUserFormに移植してみました。

前回の記事では、Office 用アプリ「カレンダーから日付入力」と同様の機能をInternet Explorerを使って半ば無理やりVBAから呼び出す方法を紹介しました。
今回はWebBrowserコントロールを使って処理を実装してみました。

ファイルのダウンロード

上記リンクからダウンロードした「Datepicker.xlsm」ファイルをExcelで開いて「ShowDatepicker」マクロを実行すると、ユーザーフォームが表示されます。

ユーザーフォーム上にはWebBrowserコントロールがあり、ユーザーフォームが表示されるタイミングでWebBrowserコントロール上にカレンダー(jQuery UIプラグインのDatepicker)が表示されます。
このカレンダーから日付を選択することで、選択中のセルに日付が入力されます。

VBA_Datepicker_02_01

このマクロはインターネット接続が必要な上に、Internet Explorerの機能を呼び出しているので環境に大きく依存します。
マクロが上手く動作しない環境もあり、実用上問題も多いのですが、一応はVBAからでもjQuery/jQuery UIの機能が呼び出せるというサンプルとして見てもらえればと思います。

また、上記ファイルのコードは保護を掛けていませんので、使用する際は適当にコードを修正していただければと思います。

関連記事

  1. Office アドイン

    [Office用アプリ]日経ソフトウエア主催アプリ開発コンテストの案内

    2014/06/24 追記:コンテスト結果がWebで公開されました…

  2. Microsoft Teams

    Microsoft Teamsでタブの構築を試してみました。

    下記記事の通り、Office 365に新たなコラボレーションツール「M…

  3. Office関連

    7-Zipで圧縮・解凍を行うVBAマクロ

    「7-Zip VBA」といったキーワード検索でのアクセスがありました。…

  4. Office関連

    選択範囲をOneNoteに送るVBAマクロ

    OneNote プリンタードライバー(プリンター)を使ってドキュメント…

  5. アイコン一覧

    Office 2013 アイコン一覧(T)

    ・Office 2013 アイコン一覧 NUM…

  6. Office関連

    ExcelとPowerPointに自動保存機能が追加されました。

    Excel 2016を使っていて、ふと気が付いたのが画面左上にある「自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP