Google関連

[Google Apps Script]Google スライドでテキストボックスを追加し、文字装飾を行う

先日書いた記事に続いて、Google Apps ScriptでGoogle スライドを操作してみます。

今回は、スライド上にテキストボックスを追加&追加したテキストの文字装飾を行うコードです。Google スライドでスクリプトを実行する方法については下記記事をご参照ください。

function myFunction() {
  var slide = SlidesApp.getActivePresentation().getSlides()[0]; //スライド1枚目
  //テキストボックス追加(insertShape(shapeType, left, top, width, height))
  var shape = slide.insertShape(SlidesApp.ShapeType.TEXT_BOX, 50, 100, 200, 60);
  var txtRng = shape.getText();
  txtRng.setText("Hello, World!"); //テキストボックスの文字設定
  //文字装飾:
  //太字+背景色(青)+文字色(白)+フォント(Indie Flower)+文字サイズ(32)
  txtRng.getTextStyle().setBold(true)
                       .setBackgroundColor('#0000ff')
                       .setForegroundColor("#ffffff")
                       .setFontFamily("Indie Flower")
                       .setFontSize(32);
  //中央揃え
  txtRng.getParagraphStyle().setParagraphAlignment(SlidesApp.ParagraphAlignment.CENTER);
}

上記コードを実行すると、スライドの1枚目にテキストボックスを追加し、文字列「Hello, World!」を設定します。

各処理で使用しているメソッドは下記の通りで、文字の装飾は主にTextStyleクラスのメソッドで行います。

関連記事

関連記事

  1. Office関連

    Google TTSで文字列を読み上げるExcelアドイン

    前回の記事で書いたGoogle TTSで文字列を読み上げるマクロ(言語…

  2. Google関連

    以前のGoogle マップを使う。

    「「新しい Google マップ」正式公開、地図大きく、精緻すぎる3D…

  3. Office関連

    Gmail APIを使ってメール送信するVBAマクロ(3)

    前回、前々回とGmail APIを扱ってきましたが、今回は前々回の記事…

  4. Office関連

    Google翻訳の言語自動検出機能を追う

    「Google TTSで文字列を読み上げるマクロ」でGoogle翻訳の…

  5. Word

    GoogleとYahoo!で同時に翻訳するWordマクロ

    「Google翻訳で文字列を翻訳するマクロ」と「Yahoo!翻訳で文字…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

アーカイブ

RapidSSL_SEAL-90x50
PAGE TOP